2017.5.17  只見線紀行 その6 「会津中川 」

只見

只見
2017.5.17  只見線紀行 その6 「会津中川 」

山里の風景が好きでこんな場所でまったりと汽車を待ちます。煙が無いのは承知してます。
今回も何組かの夫婦鉄とお会いしました。
まあ、のんびりと撮影して安全第一で遊びましょう。

2017.5.17  只見線紀行 その5 「会津川口 」

只見
2017.5.17  只見線紀行 その5 「会津川口 」

あちきは、こんなのんびりとした風景も大好物です!!
雄大な水辺も悪くありません。煙が出ないことは承知の絵面です。

遥か70年代のガキ鉄時代には、よく会津地方に蒸機を求めて貧乏旅行をしたものです。
只見線は本当にC11良く似合う路線です。 

2017.5.17  只見線紀行 その4 「浅草岳・標高1585m」

只見
2017.5.17  只見線紀行 その4 「浅草岳・標高1585m」

広田さんと同行した楽しかった二日間のプライベートツアーは、あっと言う間に終焉してしまいました。
これからは夫婦で、観光&鉄ちゃん旅を続けます。

広田さんには大変申し訳ないですが、昨日と打って変わって快晴に恵まれました。田子倉でこの立ち位置で撮影された方はわかると思いますが、橋上のベストアングルは限られてきます。それでも本日は只見線C11試運転日なので鉄道ファンはだれ一人いなくて自由なアングルが選べました。

こんな日は、機嫌がすこぶる良いのです。さてさてこれから会津川口にC11を見に行きましょうか!! 
                                                つづく

2017.5.16  只見線紀行 その3 「入広瀬」

只見
2017.5.16  只見線紀行 その3 「入広瀬」

再び六十里越をして入広瀬へとやってきました。
入広瀬にも沢山の撮影ポイントがあります。今回は遠くに入広瀬の街並みが見渡せる場所にしました。

撮影後は、帰宅する広田さんと山本シェフを浦佐駅まで送り再び旅を続けます。  
広田さんとの二日間のプライベートツアーは久しぶりの感動でした。
                                      つづく

2017.5.16  只見線紀行 その2 「大志集落」

只見

只見
2017.5.16  只見線紀行 その2 「大志集落」

だいぶ天候が回復してきました。
ロケハンで広田さんを何ヵ所かの俯瞰風景をチェックして頂き撮影地を決めます。

やはり奥会津の風景は素敵です!!
当日は東武C11の試運転日と重なり、意外な程に撮影地はすいていました。  つづく
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -