1980年代中国蒸機撮影 “兵(つわもの)どもの夢の跡”

中国

1980年代中国蒸機撮影 “兵(つわもの)どもの夢の跡”

あの頃は先を争うように、中国蒸機の新撮影地や補機付き区間や希少形式探しに明け暮れていました。

中国

1980年代中国蒸機撮影 “兵どもの夢の跡”

北京空港で友人の、山下さん(現・国鉄時代編集長)、宮村さんと偶然出会いました。
皆さん、長期の中国蒸機の撮影で疲れが溜まり放心状態でした・・・。

その頃の出会った“海外蒸機ファン”とは、今でも交流が続いており、
かつての“戦友”は、今の“呑み友”になっています!!

ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、よろしければ、ポチッとお願いします!!
きっと、きっと励みになります!!
今後とも、弊ブログの閲覧よろしくお願いします!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

海外蒸機撮影に、夢中になり始めた頃・・・!! 1984年

中国

海外蒸機撮影に、夢中になり始めた頃・・・!! 1984年

当時の“鉄道ジャーナル”に、しきりに“パシナ発見”の記事が躍っておりました!!

80年代の僕は、やらせ“蒸機”より、普段着のローカル線を好むようになっておりました。
しかし、僕自身、現役蒸機の誘惑にはかないませんでした。

冬季に“アジア号”を撮影できるのは、鉄道ジャーナルのツアーでは無く、“ニューズトラベル“
のツアーが唯一でした!!もちろん参加しました!!

今にして思えば、貴重な厳冬期の“パシナ”の走行を撮影できた蒸機ファンは10名強でしょう!!

この感動が原動力となり、僕の30年に渡る“海外蒸機撮影”の記念すべきスタートになるのです!!

本日から1/3迄の短い正月休み・・・。
朝から事務所の掃除と雑用をこなして夜は忘年会に出掛けます!!
意外と忙しい師走です!!

ブログ村に再び入村してしまいました。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
毎日の更新は難しいと思いますが、今後ともよろしくお願いします!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

1990.12 中華人民共和国 柴河森林鉄道 “突き刺さる視線” 

1990.12 中華人民共和国 柴河森林鉄道 “突き刺さる視線” 

中国森林鉄道の蒸機はC2型だけなのか?廃車体でもいいからC2型以外を見てみたい!!
そんな願望から、柴河森林鉄道を奥へ奥へと列車に乗って進んでいった。
確かここは、外国人立ち入り禁止のはずだ!!

列車に乗っている「乗警」は何とか躱すことが出来たが、何しろ日本人なんて見たことが無い乗客や住民ばかりだ。

中国



中国

とにかく彼らの視線が突き刺さる!!
カメラを向けるのも憚られるところだが、お構いなしだ!!

我々は「上海から来た」それだけでいい。後は余計なことは言わないで旅を続ける。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

中国蒸機  あんたが大将!!

中国

数年前の“鉄呑み会”でのお話です。

せっかく主催者が“鉄呑み会”を企画開催してくれたのです。
コミュニケーション如何ではシンパシーを感じる新しい友人関係が生まれるかもしれません??

そんなあるテーブルでのお話です。
何やら話題は“中国蒸機”のようです。あちきの大得意とする分野です。
初めてお会いする、ある人が酒が入っているのでしょうか?“中国蒸機”について熱く語っていました。

そして、あちきに向かって「確か高野さんですよネ?中国蒸機見たことあります?」あちき・・・。
「上遊型はカッコイイですヨ!!」「ところで高野さん上遊型って知ってます?」あちき・・・無言・・・。
「高野さん。今ならまだ“中国蒸機の撮影”間に合いますよ!!」あちき・・・無言・・・。

何だかなれなれしくて気分悪いな!!ところで、そもそもそこで舞い上がっている貴方は誰!?
中国に一度だけ行ったの・・・?それで素晴らしい情景写真撮れたの?
何で、あちきを問い詰めるの・・・???

まさか、あちきが30年前から“中国蒸機”撮影していて写真集まで出しているとは言えませんでした。
あちきはそっと、そのテーブルから去っていきましたとさ・・・。 

「あんたが大将!!」 お粗末様でした。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

続きを読む

1991.1 北京の空に、まだ青空があった頃・・・。

中国
1991.1 北京の空に、まだ青空があった頃・・・。

この頃の北京は、朝昼晩の食事や、暖房で石炭を燃やす煙は漂っていたが
深刻な大気汚染は少なかった。

いつから中国は世界の工場になったのだろう?
バブル景気が始まった、1986年に社内研修で初めてアメリカに行った。
会社の同僚から頼まれたディズニーランドの土産は、made in China 以外にしてネ!!
そんな注文にmade in USAのお土産を探すのに苦労した事を覚えている。

日本では中国への製造業の進出は1993年頃からと言われているが、
アメリカは一足も二足も早く中国へ進出していたことになる。


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -