2002.3 キューバ “オールドアメリカンを求めて”

キューバ
2002.3 キューバ “オールドアメリカンを求めて”

とあるローディングポイントで佇むナローのボールドウィンです。
キューバでは特に珍しくもない風景です。
でもネ、こんな鉄道情景をぼんやりと眺めている時間こそ至福の時と言えるのではないでしょうか?
それではフィールドノートを見ながら次の撮影地へ向かうことにしましょう・・・。

この画像を見て、なんだ“Rafael Freyre”ではないか!もっといい場所で撮れよ!と思った貴方は鋭い!!
貴方はキューバフリークですね!?
“Rafael Freyre”はこの年で製糖工場が操業停止したそうです。残念!!

キューバの現役蒸気機関車の最後はおおむね2006年と思われます。
もっともっとキューバを感じたかったのに・・・。

1996.3 キューバ “併用軌道” 2015.4.10 歴史が動いた!!

キューバ
1996.3 キューバ “併用軌道” 歴史が動いた!!

“併用軌道”大好き人間としてRMの名取編集局長が有名だが、“併用軌道”の条件は生活感だ!!
現代の日本の鉄道から四半世紀以上前に失われた鉄道情景だ。
この田舎道にキューバ人と馬車がいて生活感があれば最高だったのだが・・・。

キューバ
JFKとキューバ危機を憶えているだろうか?

USA vs CCCP(ソビエト) という時代背景だった。
そしてCCCPはMRBMやIRBM(それぞれミサイル)CUBAに持ち込んだのだ!!
史実では第三次世界大戦は未遂に終わったが・・・。

昨日の衝撃的なニュースだ!!
アメリカのオバマ大統領とキューバのラウル・カストロ議長は10日、中米・パナマで開幕した米州首脳会議
に出席し、両国が国交正常化交渉の開始を発表して以来、初めて顔を合わせ、握手を交わした。
1959年の「キューバ革命」で、親米政権が倒れると、1961年には、アメリカがキューバに対し
国交の断絶を通告した。

翌1962年には、キューバをめぐり、アメリカとソビエト連邦の間で核戦争の危機が高まった「キューバ危機」
が起きた。そして、およそ50年後の2014年12月、両国が国交正常化交渉の開始を発表し、いよいよ11日、
両国の首脳が会談を行う。

米州首脳会議の会場に到着したキューバのラウル・カストロ議長。
キューバが、この会議に参加するのは初めてで、ホスト国・パナマのバレーラ大統領と握手する表情には、
緊張も見えた。

その後、大勢の人でごった返す会場で、アメリカのオバマ大統領に歩み寄り、笑顔で握手を交わした。
アメリカメディアによると、カストロ議長は、この際、英語で「お元気ですか」と、あいさつしたという。
アメリカはこれまで、中南米各国との経済連携などについて協議する米州会議に、キューバが参加するこ
とを拒否してきたが、オバマ政権が、対キューバ政策を見直したのにともない、今回、キューバが初めて
参加することになった。

そして、まだ具体的な時間は明らかにされていないものの、11日、半世紀ぶりに行われるアメリカとキューバ
の首脳会談では、幅広い課題で直接、意見交換を行うとみられ、国交正常化に向けた交渉にはずみをつけ
たい考え。だそうです。

CUBAとUSAがあと15年早く友好状態であれば、多くのCUBA蒸機がUSAによって保護されたはずだ。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -