地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 4話 “小川駅ローズピンクのE51の思い出” 1970年1月1日

西武
1970年1月1日 小川駅。木製のホームに待合室にベンチが時代を感じさせます。
正月でも貨物列車が運転されていました。
積荷は隣接するブリヂストン東京工場からの出荷でしょうか。

西武
1970年1月1日 貨物列車には西武のワフ8が連結されています。

地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 4話 “小川駅ローズピンクのE51の思い出” 1970年1月1日

西武鉄道に頻繁に貨物列車が走っていた時代のお話しです。

自宅からそう離れていない小川のお話しなので、行脚とは大げさな話かもしれません。
僕は小学6年から高校1年までの年末は、東村山にあった親戚の“蕎麦屋”でアルバイトをしていました。
決して大きくない店舗でしたが、近隣にライバル店が無く年末は年越しそばで、ネコの手も借りたいほどの
忙しさでした。

学校の冬休みは12月26日から1月7日までの13日間でした。

12月26日の朝から、年越しそばの終わる12月31日の深夜まで6日間働き1月1日の午前中に帰宅しました。
蕎麦屋の仕事内容は、ハシの袋詰め、食器洗い、薬味のネギの機械によるスライス、食材のカット、出前
の手伝い、店の掃除、子供の世話と多岐にわたりました。慣れてくると厨房で簡単な料理を作りお客様に
提供していました。小中学生の社会勉強として頑張りました。

報酬は、お年玉込みでなんと1万円+αの破格の待遇でした。まるでインドの子供の様に働きました。

短期バイトが終わると、その足で親戚の本家へ挨拶に伺いお年玉の回収に行くのが常でした。

帰宅するには必ず小川を経由しますので、まずは新年の撮り初めは西武の電機からでした。
中学2年の冬からは、帰宅後の1月1日の夜から短い期間ですが一人で東北へ蒸機を撮影に出掛けました。

※国鉄時代vol.45の付録DVDに西武鉄道E51形の映像が含まれていました。

3/26(土)昨日も千代田区・中央区・大田区・中野区へと所用で出かけました。
中央線の車内で偶然にも廣田先生と出会いました。
確か傘寿のお祝いを過ぎているのにお若いこと、これから東京駅にダイヤ改正の取材だそうです。
そのとき僕の頭の中に“生涯現役”とは廣田先生の為の言葉だなぁ~っ。と、思いました。
廣田先生は、僕ら“おじさん鉄”の“指針”として間違いないと思います。

地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 3話 鎌倉高校前 “春よ、来い” 2001/3

江ノ電
地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 3話 鎌倉高校前 “春よ、来い” 2001/3

江ノ電500型が最後の活躍をしていた時代のお話です。
何を血迷ったのか、江ノ電沿線に通うようになりました。

沿線の四季や祭りも魅力的でした。車両的には300型と500型が好みでした。
時間を見つけては、あっちへふらふら、こっちへふらふらと散策しながら撮影します。

女子高生と江ノ電を絡めるには“鎌倉高校前”と“七里ヶ浜”がよいでしょう。
良い子は真似をしてはいけません。

江ノ電
たぶんこの時代は“ミニスカ&ルーズソックス”が流行していたのでしょう。

もうすぐ4月です。新学期も始まります。

春よ 遠き春よ 瞼閉じればそこに ♪
愛をくれし君の なつかしき声がする ♪
春よ まだ見ぬ春・・・   ♪   ユーミンはやっぱり素敵だ


地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 1話 “丸窓電車” 1985/10

70年代~90年代にかけて近代化を遂げて生き残った中小私鉄もありますが、魅力的な、数々の中小私鉄
が廃止された事も事実です。
個人的に興味を持ち、幾つかの中小私鉄を訪れる事が出来ました。
地域は非常に偏っていますが、地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録としてUPしてみます。

80年代の僕は撮影に迷っていた気がします。
84年に中国蒸機を初めて撮影し、国内蒸機の撮影をしていない時期がありました。
国内の撮影は、地方私鉄や国鉄の蒸機時代に訪れていない地方を目指していました。
硬券切符や硬券入場券の収集は続けていました。
新しい旅の始まりです。正確には硬券切符を求める旅だったのかもしれません・・・。


上田
地方私鉄行脚(あんぎゃ)の記録 1話 “丸窓電車” 1985/10

当時の上田交通の“丸窓電車”は大変人気がありました。
何度も何度も撮影に通いました。塩田平特有の四季やローカル線の佇まいに魅力を感じました。
撮影は組み写真を考慮して撮影していますので人がらみを狙ってみました。
平日の撮影では電車マニアに一度も会ったことがありませんでした。

上田
都会では考えられない線路内通学です。
おそらく線路上を歩くのが一番安全で学校へ通う近道なのでしょう。
ローアングルでの撮影で線路幅が広く見えますが1067㎜の普通の軌間です。

この時代は、まだまだおおらかな時代でした。
日がな一日、カメラを首からぶら下げて線路端を歩きました。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -