2017.7.9  小動神社天王祭 「今年も、どっこいの夏がやって来た!!」 後編

江ノ電
2017.7.9  小動神社天王祭 「今年も、どっこいの夏がやって来た!!」 後編

江ノ電と露店と山車と!!
お祭りはいいよねぇ~!!ビールはコンビニで購入し、トイレはコンビニか龍口寺になります。

山本シェフと、ほろ酔い加減で撮影しますが、ビールのアルコールは汗の発汗と共に消えていきます!!
海の幸、しらす丼を食べながらのビールも最高でした!!

この祭りでは、友人知人と会うことや、まだ一度も話したことはない常連さんの顔を見ることも楽しみの一つです。名も知らぬ彼らを見ながら今年も撮影に来ているのか?好きだねえ!!貴方!!酒も飲まないで難しい顔して撮影してて楽しいの・・・?てなもんです。心の中で来年も会いましょう・・・と、つぶやくのでした・・・。

江ノ電
2017.7.9  小動神社天王祭 「今年も、どっこいの夏がやって来た!!」 後編

2017.7.9  小動神社天王祭 「今年も、どっこいの夏がやって来た!!」 前編

江ノ電
2017.7.9  小動神社天王祭 「今年も、どっこいの夏がやって来た!!」 前編

今日は天気が良いので、山本シェフと小動神社天王祭に「呑み鉄&祭鉄」にやってきました。
毎度おなじみの江ノ電と神輿ですが、この距離感がたまりません!!

撮影データを調べてみると、どうやら小動神社天王祭は2001年から撮影しているようです。
昔は妻と一緒に撮影に来たこともありました。
妻曰く、祭は素敵だけども日差しが強くて、もう行きません!!だそうです。

小動神社天王祭を撮影していると、今年も夏が来たと感じます!!

皆さんたぶんご存知だと思いますが、湘南の神輿は「どっこい担ぎ!!」なのです。
掛け声は「ドッコイ!!ドッコイ!!ドッコイ!!コリャ!!ドッコイ!!ドッコイ!!ドッコイ!!コリャ!!」なのです。

江ノ電
2017.7.9  小動神社天王祭 「今年も、どっこいの夏がやって来た!!」 前編

巫女さんの笑顔が素敵です!!正直癒されます!!

 都電 7000型 Final Countdown

祭
都電 7000型 Final Countdown

遂に都電 7000型が廃車されるそうです。
7001が4月末、7022が6月上旬に廃車されるアナウンスが出ています。

あちきも、約40年前には文京区目白台に住んでいて良く都電を利用していました。
懐かしいといえば、懐かしいですが・・・。
現代の都電の車輌には、今一つ馴染むことが出来ません。

祭りや下町情景に、かこつけない限り重い腰が上がりません。

祭
都電 7000型 Final Countdown

沿線では7000型を撮影するために、多くの鉄ちゃんで賑わうことでしょう!!

驚いたことに「都電運行情報サービス」の車両検索アプリにより、7001と7022の動きが瞬時に検索
できるのです。今まで知りませんでした。

新緑の季節に、7001と7022を求めて沿線をブラブラするのもいいかもしれません。
鉄ちゃんは何時の時代もFinal Countdownにめっぽう弱いのです。
                                      おしまい

2017.2.19 「2017 青梅マラソン」 取材!! 神野大地を応援する!!

祭
2017.2.19 「2017 青梅マラソン」 取材!! 神野大地を応援する!!

正直当日早朝ギリギリまで、真岡重連か青梅マラソン撮影に悩みました!!
結果は青梅マラソン撮影に軍配が上がりました!!
しかも現場では偶然にも取材に来ていた都築さんとバッタリ遭遇しました。
偶然とはいえ蒸機の現場ではなく、青梅マラソンの現場でお会いするとはビックリです!!

これも、あちきのテーマの“祭”にほかなりません。

祭
2017.2.19 「2017 青梅マラソン」 取材!! 神野大地を応援する!!

撮影現場では神野大地狙いで構えるも、突然走って現れた“ババア二人組”の立ち入り禁止区域へ乱入に
翻弄され、急遽アングル変更する。
結果、ピントはゼッケン9のチェルティビン・エゼキエをロックオンで撃沈の情けなさ・・・。
この時もしかしたら彼の優勝を先読みしていたのかもしれない・・・。

折り返し地点までは、1位神野大地、2位ギザン・マイケル、3位チェルティビン・エゼキエル。

成績は、1位チェルティビン・エゼキエ、2位ギザン・マイケル、3位神野大地。でした。

“神野大地”凄い名前だ、まるで走るために生まれてきたようだ!!
2020年の東京オリンピックは“金メダル”をきたいしているのだ!! おしまい

2016.7.23  “真岡祭”を見に行く!!

真岡
2016.7.23  “真岡祭”を見に行く!!
生憎の曇天です。
今回は少しリサーチと仕込みが足りなかったようです。
千載一遇のチャンスを二度も見逃してしまいました。
今回は、人の動きや流れを調査できましたので、来年こそリベンジしてみます。

真岡
2016.7.23  “真岡祭”を見に行く!!
結構規模の大きい祭でした。楽しく撮影できました。
真岡市内の、神輿や屋台が通るメイン道路の電柱は地下化されていたことに驚きました。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -