デジャヴ(仏:déjà-vu)既視感 フランス語だったんだ!!

P1010035_-_コピー_convert_20180228230032

デジャヴ(仏:déjà-vu)既視感 フランス語だったんだ!!

何処で、何時撮影したかわからない、ピンボケの画像が出て来た・・・。
アルミサッシの窓、1970年代、青森・・・。
フィルムに定着された前後の画像から想像される・・・。

“物語”なんて存在しないのだが、どうしても思い出せない・・・。
何かを感じてシャッターを押したはずなのに・・・。

ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、よろしければ、ポチッとお願いします!!
きっと、きっと励みになります!!
今後とも、弊ブログの閲覧よろしくお願いします!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

「動き始めた汽車の窓に・・・。」

夜汽車

「動き始めた汽車の窓に・・・。」

名曲“なごり雪”のシーンを狙ったが、どうやら的が外れたようだ・・・。
とは言え、車窓には瓶ビールを並べた楽しそうな兄ちゃんたち姿が見て取れる。これもありかな。

大井川鐵道の撮影目的の、定員80名のナイトトレインと違って、のんびりムード(モード)だな!!
この、まったり感がたまらない・・・。

友人の、山本シェフから聞いた話だが、山口線の12系客車が大井川鐵道へ譲渡された??

そんな情報を聞いたので、帰宅後ググッテみると、事実らしい。
これで、大井川鐵道で14系4輌、12系5輌の大幅な増備になる。

真岡鉄道が、何とか大井川鐵道から旧客を手に入れて欲しい!!
そんな夢物語は・・・。

ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、よろしければ、ポチッとお願いします!!
きっと、きっと励みになります!!
今後とも、弊ブログの閲覧よろしくお願いします!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村





2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下

夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
あの夜行列車独特の、郷愁や憧れは忘れることがありません。

夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
こんな夜行列車特有のざわついた感じが好きです!!

夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
あちきの最後のB寝台の記録は2015年の急行「はまなす」でした。

遂に583系の“廃止”のアナウンスが・・・。
4月8日(土)秋田⇔弘前 「さよなら583系」が運転されます。何とか保存できないものでしょうか・・・。

叶わぬ夢ですが、周遊券を握りしめ連日の夜行列車の硬い椅子に揺られながら旅した時代を
もう一度体験したい・・・。

もしも、この国の夜行列車の疑似体験をするのであれば、アジアに出掛けねばなりません。

2017.2.3 “ある夜行列車の記憶” 中

夜行
2017.2.3 “ある夜行列車の記憶” 中

残念ながら定期夜行列車で安価で体験できるのは“サンライズ系”のみになってしまいました。
それでもこの寝台電車の運行は奇跡としか表現出来ません。

夜行
2017.2.3 “ある夜行列車の記憶” 中

何度か乗車する機会がありました。快適な寝台電車です。
もし願いが叶うなら、もう一度だけ583系の寝台に揺られてみたいと思うのです・・・。

2017.2.2 “ある夜行列車の記憶” 上

夜行
2017.2.2 “ある夜行列車の記憶” 上

夜行列車を囲む純粋な“鉄道ファン”の気持ちがよくわかります。

夜行
2017.2.2 “ある夜行列車の記憶” 上

“急行はまなす”に乗車して札幌を目指します!!

夜行
2017.2.2 “ある夜行列車の記憶” 上

ホームをうろうろするのも鉄ちゃんの醍醐味です!!

夜行
2017.2.2 “ある夜行列車の記憶” 上

勿論テールサインも見に行きます。

夜行

あちきのガキ鉄時代はよく“急行八甲田”のお世話になりましたとさ。

夜行列車の廃止は合理化の最たるものです。
遥か70-80年代の拠点駅では今では考えられない数多くの夜行列車の発着が繰り返されていました。

今一度、あの箱に揺られて旅をしたいものです。
もしも夢の夜行列車の可能性があるとすればJR東日本・高崎支社しかありません。
もしかすると交渉の余地が残されているのかもしれません・・・。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -