2017.4.16  松謙さんと房総へカメラハイクに行って来た!!  後編

※カメラハイクとは、カメラを持ってハイキングに行くこと。
主目的は鉄道写真や風景写真を撮りながら、ぶらぶらと散歩をして自然に親しみ、ローカルフードを
食べたり、地元食材を購入したりと日がな一日を友人と過ごすこと。
カメラハイク
今回の撮影の締めは、小湊鉄道・飯給駅・夜桜ライトアップ撮影です。

まずは、小手調べに蒼い桜を撮影してみます。

カメラハイク
場所さえ確保できれば、誰でも撮影できる、飯給(いたぶ、と読みます)駅夜桜撮影です。
この日の、この場所でのギャラリーは50名ぐらいでしょうか?
地元、小湊鉄道撮影愛好家によると、今日は少ないそうです。

動画には、カエルの大合唱とシャッター音が続きます。
この夜桜画像は、あちきの妻が手持で撮影です。

カメラハイク
カメラハイク
お決まりごとの、記撮をしてから帰路に着きました。

たかが房総。されど房総。いいじゃないですか、肩の力を抜いてカメラハイク。
そんな楽しい友人(趣味人の大先輩)との休日を過ごしましたとさ。
                            おしまい

2017.4.16  松謙さんと房総へカメラハイクに行って来た!!  前編


※カメラハイクとは、カメラを持ってハイキングに行くこと。
主目的は鉄道写真や風景写真を撮りながら、ぶらぶらと散歩をして自然に親しみ、ローカルフードを
食べたり、地元食材を購入したりと日がな一日を友人と過ごすこと。

カメラハイク
カメラハイク
午前中は、いすみ鉄道の国鉄色のキハを撮影したり、
小湊鉄道のキハを撮影したりして過ごします。

カメラハイク
カメラハイク
カメラハイク
カメラハイク
昼飯は、大原まで出て「源氏食堂で」名物・豚肉塩焼きライスを食べました。
道の駅を、ひやかしながら、名産品の筍を購入し再び小湊鉄道へと向かいます。
                              つづく
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -