FC2ブログ

Episode 6 ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ― 「エピローグ」

Episode 6 ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ― 「エピローグ」

今回の旅行は、非常に印象的な旅行でした。

鉄ちゃんでない石川君の参加が悲劇を加速したのです。
石川君の名誉のために少しだけ書きます。

ボウイスカウト出身の石川君は、過酷な九州旅行に10日間以上よく耐えました。
アッパレです!!何かと問題を引き起こした石川君の参加を許した、自分自身を恨みます!!

その後の石川君とは、SL撮影旅行に二度と行きませんでした。
高校時代は、遊び仲間と呑み仲間として、薄い友達関係は三年間続きました。

73年の夏。灼熱の九州で出会った罐たちのことは一生忘れません。

気が付くと僕を乗せた、特「みずほ」は、深夜、一路東京を目指して疾走しています・・・。
東京まで1102.8㎞、実に15時間22分間の長旅です。

寝台車の流れる夜景を見ながら、窓ガラスに映り込む、日焼けして真っ黒になり、
やつれて少しだけ精悍な顔立ちになった自分の顔を見つめます。

73年の九州で活躍する蒸機たちは、最後の輝きを放っていました。
折しも、エネルギー革命から石炭産業に終止符を打った時代の旅です。
石炭を運んでいると思っていた貨物列車が、実は石灰石を運んでいたのです。

確かに、僕たちの灼熱の九州、16歳夏物語は存在したのです。

次の74年春のSL撮影行は、山本君と北海道に行きました。
今思うと、74年春のSL撮影行は、もう一度、北九州と南九州に行くべきでした・・・。
今では、そう思っています。

九州

8月21日 南国宮崎・大淀川橋梁を行く 新大阪行 24ㇾ 特「彗星2号」

九州

8月21日 高鍋にて すっかり電化工事も終わり撮りにくくなりました。
四次型(190-201)の外観は他のC57と若干異なります。僕は九州で初めて出会いました。

九州

8月21日 宮崎機関区にて
今回の撮影で遭遇した、C57の若番。C579は井門さんの大好きな罐だ!!

Episode 6 ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ―
長々とお付き合いありがとうございました。また機会がありましたら。
このシリーズの続きを書きたいと思います。

45年前の懐かしい画像につき、何年振りかでコメント
を再開してみます!!よろしくお願いします!!


若干16歳のガキ鉄画像につき、画像の総評はお手柔らかにお願いします!!


悲惨な、後日談。

九州SL撮影に持ち込んだ、20本のネオパンSSは、1本は感光してしまいました。
OLYMPUS-35ECで撮影した、記撮やスナップ3本は旅行中に紛失しました。

残り16本の、ネオパンSSは、僕が通う八王子の南多摩高校の近所にある、
コイデカメラ八王子店による、いい加減な気泡を多く含む、きめの粗い素粒子現像のネガが残りました。

しかも、コイデカメラ八王子店に現像を依頼した1本のネオパンSSが、
コイデカメラ八王子店によって紛失されてしまいました。とことんついていません!!

僕はブチ切れて、コイデカメラ八王子店の店頭でクレームを入れながら暴れてやりました。
見かねた店長が、僕を別室に招き入れなだめにかかります。

最初は16歳のいたいけな僕のクレームに、ニヤつくていた店長も、直ぐに顔色が曇り始めます。
怒り爆発し暴言を吐く僕を止められないのです・・・。

ヒドイ気泡の有る素粒子現像と、フィルム1本紛失したので、もう一度やり直しで九州にSL撮影に行くから
「3万円よこせ!!」と、僕は店長を罵倒しました。

店長が示した結論は「3万円は申し訳ないけど出せません」
現像ミスは、時々起こります。申し訳ない!!
お詫びに、ネオパンSS20本を差し出され、あきれたクレームは終息に向かいました。
誠に、お粗末な結果でした・・・。トホホ・・・。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!

弊ブログは、56~65歳限定です。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”に向けて発信しています!!

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!


この画像いいよな!!なんて思った場合のみ、
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


続きを読む

九州SL撮影 余話(よわ)  「失われた時間」

九州SL撮影 余話(よわ)  「失われた時間」

8月23日 朝の吉松駅付近で走行写真を撮影し、再び吉松駅に戻ってきました。
吉松機関区から出庫するC5557を狙おうとする算段です。

撮影は無事終わり、なかなか良い光線で撮れたなと喜んでいました。
何を思ったのか、フイルム交換の際に、フイルムをパトローネに巻き取る前にミノルタの
カメラの裏蓋を開けてしまいました・・・。

せっかく撮影した、C55、C56、D51が感光した瞬間でした・・・。
旅の疲れから、重大なミスを犯してしまいました・・・。残念でなりません・・・。

九州

これが無残にも感光したネガの一部です。


45年前の懐かしい画像につき、何年振りかでコメント
を再開してみます!!よろしくお願いします!!


若干16歳のガキ鉄画像につき、画像の総評はお手柔らかにお願いします!!



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!

弊ブログは、56~65歳限定です。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”に向けて発信しています!!

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!


この画像いいよな!!なんて思った場合のみ、
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


九州SL撮影 余話(よわ)  「深夜2時の濃霧・吉松機関区の怪」

九州SL撮影 余話(よわ)  「深夜2時の濃霧・吉松機関区の怪」

濃霧の吉松機関区の夜景をご覧ください。何か違和感はありませんか?

九州

8月22日は、吉松駅のホームのベンチで寝たと書きました。

石川君と山本君は、硬い木製ベンチですやすやと惰眠を貪っています。
僕は何故かあまり寝付かれずにいました。

日付が変わり、午前2時ごろから吉松機関区の夜間撮影を試みました。
深い霧が立ち込め始めたので、撮影をやめて横になりました。

現像した一枚のネガに、奇妙な物が映り込んでいました。
肥薩山線用の、新鋭DD51の前にしゃがみこんでいる人影と、
どう見ても三脚を使い夜間撮影しているようには見えません・・・。
無人のはずの構内を横切る、不気味な光跡が映り込んでいます。

こんな深夜に、僕ら以外に夜景を撮影していたSLファンがいたのでしょうか・・・。

貴方も、こんな経験したことはないですか??

45年前の懐かしい画像につき、何年振りかでコメント
を再開してみます!!よろしくお願いします!!


若干16歳のガキ鉄画像につき、画像の総評はお手柔らかにお願いします!!



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!

弊ブログは、56~65歳限定です。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”に向けて発信しています!!

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!


この画像いいよな!!なんて思った場合のみ、
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


Episode 6  ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ― 8月27日(月) 第12日目 「白昼夢」

Episode 6  ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ― 8月27日(月) 第12日目 「白昼夢」

石川君と山本君を見送った後に、窓口に禁断の東京行き切符を求めて並んでしまいました。
石川君の連日の「もう、東京へ帰ろう!!」そんな暗示に洗脳されたのかもしれません・・・。

僕の心が折れた瞬間です・・・。
この時点で、山陰経由でD51を撮影しながら帰る事が完全に断たれました。予定より早く帰宅するのです。

門司発19:43 東京行 特急「みずほ」 特急料金1200円・B寝台下段1200円
これで安全快適に東京に帰れます。


九州

8月18日 筑豊本線 飯塚駅 ボタ山をバックに発車する臨時貨物列車。

九州

8月26日 日田彦山線 城野にて

僕がSLを求めて訪れた筑豊は、既に黒ダイヤと呼ばれた石炭産業が衰退していました。

筑豊炭田は、エネルギー革命によって次々と閉山に追い込まれ、
昭和48年(1973)に坑内採掘は姿を消し、昭和51年には最後に残った貝島炭鉱
(宮若市)の露天掘りも終了して筑豊からは完全に炭鉱がなくなりました。

変わって、白ダイヤと呼ばれるセメント産業の石灰輸送が目立っていました。
SLが牽引する、セキやセラ貨車は、石炭より石灰を運んでいました。
そんな時代のはざまです。

45年前の懐かしい画像につき、何年振りかでコメント
を再開してみます!!よろしくお願いします!!


若干16歳のガキ鉄画像につき、画像の総評はお手柔らかにお願いします!!



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!

弊ブログは、56~65歳限定です。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”に向けて発信しています!!

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!


この画像いいよな!!なんて思った場合のみ、
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


続きを読む

Episode 6  ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ― 8月26日(日) 第11日目 「油須原の奇跡」

Episode 6  ―灼熱の九州、16歳夏物語・45年前の今日へ― 8月26日(日) 第11日目 「油須原の奇跡」

今日も、筑豊エリアをウロウロします。
小倉→折尾 撮影  折尾→若松 若松機関区撮影

九州

若松機関区  ガントリークレーンや複線式給炭槽が大型機関区の設備です。
より多くの機関車を撮影したいので、機関区めぐりが大好きでした。

若松→直方→伊田→油須原
昨日撮影に大失敗した、7494ㇾ9600重連+9600後補機付を時間に余裕をもって丘の上で待ち構えました。

九州

九州

田川線7494ㇾは、船尾発、苅田港行、セキやセラを33両も連ねた石灰石輸送の超重量列車です。
本日の牽引機は、79668[行橋]、69615[行橋]+貨車33両+後49675[後藤寺]と続きます。

96重連の後に続く、セキ3000の石灰石が積み込んでないように見えますが、石灰は石炭より
重くこれでも30トンの石灰石を積んでいます。

セキ3000で、自重14.3トン、石灰石30トンが積まれています。
セラ1で、自重9.2トン、石灰石17トンが積まれています。
7494ㇾは、3台の96で実に、11360トンの列車を牽引している超重量列車なのです。  

灼熱の夏日としては、大満足の煙です。先頭の安全弁を噴き上げる79668[行]は九州らしい門デフ装備です。
後補機の存在感も抜群です。やっと昨日のリベンジが達成されました!!
7494ㇾを撮影出来て大満足の一日でした万歳三唱!!

油須原→行橋→門司

門司発19:08 東京行 特「はやぶさ」で、一足早く東京へ帰る、ギブアップした石川君と、
石川君の付き添いの被害者となった、若き日の山本シェフを、涙の送別の見送りに行きました。

僕は性懲りもなく、門司→小倉へと向かいます。

僕は、あと少しだけ粘ることにします。ココから先は白昼夢かもしれません・・・。明日に続く・・・。

45年前の懐かしい画像につき、何年振りかでコメント
を再開してみます!!よろしくお願いします!!


若干16歳のガキ鉄画像につき、画像の総評はお手柔らかにお願いします!!



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!

弊ブログは、56~65歳限定です。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”に向けて発信しています!!

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!


この画像いいよな!!なんて思った場合のみ、
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -