FC2ブログ

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.5 廃線跡

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.5 廃線跡

廃線跡を歩き始める。廃線から7年・・・。
深い森の中を線路が続いている。昼なお暗い森なので雑草が生えていないので歩きやすい・・・。

所々で線路が欠落しているのでもう二度と列車が走ることはない・・・。

132_-_コピー_convert_20200909171057

何しろ明細地図が無いので分岐があるとどっちが本線かわからなくなります。
この場合ポイントの形状で本線が右と分かります。通信線が現存すればわかりやすいのですが・・・。

1dA09IUkr0Swolf1598407672_1598407676_convert_20200909171147.jpg

支線と思われる方を少し歩いてみると、客車がポツンと取り残されていました。作業員の休憩所として残してあるのでしょうか?

再び本線に戻り歩き始めます・・・。 つづく・・・。

画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!

続きを読む

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.4 南外貯木場にて

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.4 南外貯木場にて

P1020100_-_コピー_convert_20200909165925
前日に宿泊した鉱泉茜荘は、がらんとしていました。
女将曰く、昔は多くの林業関係者が宿泊していたそうです・・・。
今では、大広間で連夜行われていた宴会がうその様です・・・。

1EJokdtrduld9t91598407521_1598407529_convert_20200909170027.jpg
南外貯木場は、女将が暇なので案内してくれました。
森林伐採が盛んだった頃は、それは賑やかで活気にあふれていたそうです。今では細々と林業は続けられていますが、材木はトラックで運んでいるそうです。三軒あった製材所も既に廃業して村も寂しくなりました。

霧ヶ谷(きりがたに)森林鉄道は7年前の1969年に廃止になったそうです。南外貯木場は既に線路もはがされ、森林鉄道関係の建物や機関庫などは何も残っていませんでした・・・。

QjlHfuEMQtdR6mI1598407710_1598407718_convert_20200909170105.jpg
機関庫があったと思われる場所に、奇跡的にモーターカーが1台取り残されていました。

貯木場の外れから、森林鉄道の線路が残されていました。今日一日廃線跡を散策してみるつもりです・・・。つづく・・・。

画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!

続きを読む

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.3 夜の羽後茜温泉駅 

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.3 夜の羽後茜温泉駅 

羽後大森中央駅は、闇に佇んでいた。名前だけは中央駅と立派な駅名を名乗っているが何のことはない掘立小屋の無人駅だった。 張り紙に切符は車内でお求めください。 
もう一枚の張り紙にはこう書いてあった。昭和51年8月31日廃止 長い間ありがとうございました。 町営電鉄

P1000494_-_コピー_convert_20200826224952
電車の事はよくわからないがモハ2と書いてある。ワンマンの単行で運転手から羽後茜温泉駅行き切符30円を買う。
乗客は僕一人・・・。

P1000490_-_コピー_convert_20200826225048
終点、羽後茜温泉駅は無人駅ですが立派な駅でした。どうやら南外村役場の建物を間借りしているようです・・・。
電車運転士から温泉宿を紹介されました。駅から歩いて5分ぐらいの温泉宿だそうです・・・・。つづく・・・。



画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!

嗚呼、わが青春の青函連絡船「八甲田丸」

嗚呼、わが青春の青函連絡船「八甲田丸」

今も青森桟橋に保存されている青函連絡船「八甲田丸」です。
あちきの渡道記録を見ると「八甲田丸」に大変お世話になっています!!

IMG_0146_convert_20200830084520.jpg

IMG_0144_convert_20200830084441.jpg

_MG_8284_convert_20200907221536.jpg

1975年秋、相棒の若き日の山本シェフと青函連絡船「八甲田丸」で渡道した時の記撮です。
相棒はキャラバンシューズを履いてますが、あちきは長靴です・・・。
愛用のカメラバックは、ヨドバシカメラで買った安物のライオンカメラバック!!

高校三年生の秋.、文化祭と授業をさぼって、渡道しました・・・。
この秋が僕の現役蒸機機関車との送別旅はずでしたが・・・。
ところが、あちき一人は翌月最後の蒸機牽引列車D51241牽引の6788レを撮影する為にまた渡道をするのです!!
高校生が年4回も北海道によく行けたものです!!我ながら呆れてしまいました!!

画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!

続きを読む

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.2 天候不順 

1976年 ある夏の迷走地図 時刻表に無い鉄路 vol.2 天候不順 

横手駅構内にいるED75やDD51には,わき目もふらずに、駅前の大衆食堂での朝食兼昼食を食べることにする。

P1020560_convert_20200826224658.jpg

P1020562_convert_20200826224732.jpg

食堂の価格も狂乱物価上昇の影響か東京の価格とあまり変わらない。

P1000101_-_コピー_convert_20200826224810

羽後大森経由、老方行バスは駅前から少し離れたバス車庫から発車する。
まだ16時近くだというのに大雨が降ってきた・・・。

老方行バスは、1971年に廃止になった羽後交通横荘線跡をトレースするらしい。
横手16:30発で羽後大森まで約20㎞のバス旅である。乗客のほとんどが高校生だ。

雄物川を渡ってすぐの羽後大森17:30着、あたりはすっかり暗くなってしまった・・・。
ここから羽後茜温泉までは町営温泉電車で行くらしい・・・。  つづく


画像が良かったらポチッとお願いします。
日々のブログ更新の励みになります!!
やる気を出して、どんどん画像をUPするきっかけになるかもしれません!!
これからも、弊ポンコツブログ“蒸気機関車 SOUL TRAIN’s”よろしくです!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
たまには、ぽちっと、お願いします!!


プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2020/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -