FC2ブログ

山陰本線・行商列車・あの頃 - 6 「にいちゃん、ほんでなにしいやおるん!」 



山陰

山陰本線 1986年

「にいちゃん、ほんでなにしいやおるん!わしん写真撮って!!」 そのように聞こえた!!
京都弁だろうか?一瞬、“島田紳助”の雰囲気を醸し出す子供だ!!
なつっこいのか?マセガキなのか?なかなかの雰囲気の持ち主だった!!

マセガキにからかわれた遠い夏の日・・・。お粗末様でした。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

山陰本線・行商列車・あの頃 - 5 「はにかむ夏の日曜日」 

山陰
「はにかむ夏の日曜日」 山陰本線 1986年

お洒落して買い物帰りの高校生。昔の高校生は清純のイメージが漂っていたな。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

山陰本線・行商列車・あの頃 - 4 「明るい笑顔が素敵」 

山陰
「明るい笑顔が素敵」 山陰本線 1986年

学校が終わって開放的になった、笑顔が素敵な但馬の女子高校生たち。

それにしても、あのころのあちきは、恥ずかしくもなく撮影交渉していたな!!
撮影交渉成立は6-7割ぐらいだろうか?かなりのハイアベレージだったな!!
今の撮影交渉成立は5割ぐらいかな??

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

山陰本線・行商列車・あの頃 - 3 「由美ちゃんはご機嫌斜め」 


山陰

山陰本線・行商列車・あの頃 - 3 「由美ちゃんはご機嫌斜め」  1986年

夜になって大分涼しくなってきた。山陰の夏は結構熱い。
あちきも夏の撮影に疲れてうつらうつら眠っていたのだ。

気が付くと、母親と子供が隣のボックスに座っていた。
なんとなく話をすることになった、聞くところによると二人で和田山の親戚に行った帰りだと言った。
今日は暑くて由美ちゃんは疲れたらしく機嫌が悪いそうだ。
自宅がある香住まで、もうじきに着くよ、母親が由美ちゃんを宥めて居る最中だ・・・。

そんなある夏の、列車の中の小さな出来事でした。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村

山陰本線・行商列車・あの頃 - 2  「客ㇾに揺られて」 

山陰

山陰本線・行商列車・あの頃 - 2  「客ㇾに揺られて」

ガキ鉄時代に、蒸機を求めて南行北走してきたわけだが、その移動の際には客ㇾには本当にお世話になった。
勿論主役は、蒸機なのだが、名脇役の客ㇾは蒸機廃止後も日本各地に残っていた。

時刻表を見ながら、数字だけの列車番号を見て、まだこの線に客ㇾ残っているのか、乗りに行きてえな。
なんて思ったりもした。客ㇾ残存ローカル線では大概は朝晩の通勤通学列車だったな。

その後に、いわゆる旧客の更新として50系客車が登場するわけだが、50系は興味の対象ではなかったな。

この秋は久しぶりに旧客に乗りたくなってきた。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -