FC2ブログ

1996.8  パタゴニア、乾いた大地を行く

アルゼンチン

1996.8  パタゴニア、乾いた大地を行く

とにかくアルゼンチンは遠かった。
成田→サンパウロ→ブエノスアイレス アルゼンチン国内線 ブエノスアイレス→バリローチェ 
目的地まで24時間のフライトで地球の裏側まで“汽車旅”にやって来た。
それもたった3輌の稼働しているナロー蒸機を撮影する為にだ。

当時の記録を見ると、機材はキャノンEOS-1Nとペンタックス67を使用して、フイルムはPROVIAを使用していた。
この旅行では、36mm28本、ブローニー15本の合計43本撮影している。合計1158カット丁寧に撮影していた。

同行者は、当時JALの機長だった杉江さんも一緒だった、杉江さんは最近は航空評論家として航空機事故が
起こると必ずテレビで事故解説している有名人だ。テレビ画面を見ながらお元気で何よりですといつも思う。

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村
にほんブログ村 鉄道ブログ ローカル線へ
にほんブログ村
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -