FC2ブログ

鉄道写真撮影への誘い

鉄道写真撮影への誘い

考えてみると、呑み仲間とは一緒にほとんど撮影したことがありません。
呑み仲間のグループは複数存在します。
ほとんどの場合、呑み仲間とは撮影現地(国内外でお会いし意気投合したわけです)でお会いしました。
今更ながら、考えてみると不思議な関係なのです・・・。

僕の、国内の撮影は、一人で行う場合が多いことに今更ながら気付きます。

恐らくは、趣味趣向の問題であって、一人静かに撮影を楽しみたいのだと思います。
既にいくつかの目標は達成済みですか、
いつの日か、いくつかの呑み仲間と再び“呑み鉄”をしたいと思います。

070A1766[1]

この日も、紫陽花と鉄道のコラボを求めて小田急沿線を、ビールを飲みながら、
ふらふらしておりました。一人孤独な“呑み鉄”の世界を実践しておりました・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

今日も多忙なため、予約更新です。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -