FC2ブログ

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その10 雨の終曲

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その10 雨の終曲

今回の撮影も"die-hard"でした。

日も沈み、雨が激しく降ってきました。
しこたま飲んだビールも、寒さで酔いがさめました・・・。
そろそろ退散いたしましょう!!

それでは15年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8229[1][1]


_MG_8238[1]

傘を差した、祭の世話役に挨拶してから退散しました!!

今年も感動をありがとうございます!!

江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 完


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その9 ベストアングルの追及!!

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その9 ベストアングルの追及!!

まずは多くの江ノ電撮影ライバルたちに邪魔をされないポジションをキープすること。
これが一番重要なのです!!

なるべく画像に多くの人々を入れること。
神輿や山車が必ず遮蔽物なしで映り込んでいること。

こんなチャンスは、一日中粘って2、3カットものにできれば気分は最高です!!

それでは15年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8240[1]


_MG_8228[1]

この時は、予想していた通りのポジションをキープして至福の時を迎えます!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その8 スマホの無かった時代

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その8 スマホの無かった時代

一般的にスマホが普及したのが2010年とされる。
2010年以降の祭での撮影の様子が一変するのだった。
15年前の祭では、江ノ電が来てもすっきりとした画像が撮れたが、
現代では祭の中を江ノ電が来れば、多くの一般の方の所有するスマホを持った手が一斉に上がるのです!!
非常に撮影しずらい時代になりました・・・。

それでは15年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8236[1]


_MG_8237[1]

わかりにくいですが、画面左に一脚にビデオとカメラが一本ずつ上がっています。
この二人にも結構撮影の邪魔をされました。

東京は雨、東京は新暦7月盆で、7/13~7/16なのです。
ですから、お盆参りに行きました。 そんな平凡な小市民生活を過ごしています。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その7 まったりと

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その7 まったりと

祭りは、静と動の組み合わせ、時にはまったりも悪くない。

あたしは、ビル―を嗜んでいるので便所探しに余念がない。

それでは15年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8235_convert_20190706130340.jpg

祭り世話役の姿も凛々しい!!

_MG_8226_convert_20190706130249.jpg

子どもたちも、あたしも座り込んでの休憩中・・・。

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その6 撮影ポイントの攻防

2004.7.11  江ノ電の暑い夏!!『小動神社天王祭』 その6 撮影ポイントの攻防

どっこい神輿(担ぎ)

神奈川県湘南地方で行われている担ぎ方。

担ぎ手はながやの内側に入り、反対のながやに手を突っ張って担ぐ。
タンスの音と「どっこい、どっこい」「どっこい、そーりゃー」「よーい、よいと」等の掛け声に合わせて
ゆったりとしたテンポで膝を大きめに屈伸する。

側面に2個ずつの鉄製の把手がついていて、箪笥の引き手のような形をしているため
通称「タンス」といわれている。担ぐ際には両手にこの輪を持ち、台輪に打ちつけてリズムを取る。

ドッコイ神輿に欠かせない甚句。各會によって歌詞がちがう。甚句は一つの見せ場であり、
甚句の最後に神輿は大きく上下にもまれる。

それでは15年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8231_convert_20190703101910.jpg

電車は、正面から向かってくる絵面よりも、去ってゆく電車の後ろ姿の方こそ
祭りの臨場感を感じることが出来る。

_MG_8227_convert_20190703101847.jpg

まるで祭の人海を、泳ぐように去っていく電車・・・。

こんな画像を手中に収めるには、熾烈な撮影ポイント争いに勝たねばならないのだ!!
『小動神社天王祭』の撮影のポイントは、江ノ電と祭の絡みだ!!
どの角度から狙い、望遠系で狙うか?広角系で狙うか?
神輿や山車や人々とを絡め、ライバルカメラマンたちをいかに画像上で目立たなくするかが鍵だ!!

_MG_8239[1]

何年か祭に通ってわかったことは、江ノ電を組織的に撮影するグループがいたことだった。
彼らの行動を見ながら立ち位置を選ぶことから始めたのだ。

この画像は、電車が来た直前に脚立に乗られて失敗作例です。
この場合左側の角度からの、立ち位置を選択できなかった僕の敗北でした。

一日中こんな、撮影ポイントの攻防を繰り返すのも、これはこれで絶対に楽しい!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -