FC2ブログ

雨の横川

信越
2012.4.14 横川駅の桜は老木なのか花のつきが悪い。 

信越
2012.4.14 桜と梅の花が同居する。

多くの“蒸機愛好家”が狙う“横川駅入線”運が良いと爆煙になる。
それにしても電柱や電線が邪魔である。

津軽鉄道  キ101

除雪車
2014.2.23 五所川原・キ101のだるまストーブから、ほのかな石炭の香りが漂う。

除雪車
2014.2.23 五所川原・キ101の車内

除雪車
2014.2.23 津軽飯詰―毘沙門
津軽鉄道  キ101(1933年昭和8年・鉄道省大宮工場・国鉄キ120)
DD352(1959年昭和34年・新潟鉄工)

今から30年以上前の冬、まだ津軽鉄道にダブルルーフのオハ31系が活躍し混合列車が健在だった頃の話だ。
金木町にある小説家“太宰治”の生家「斜陽館」が宿泊施設だった頃の話だ。
当時の津軽鉄道のラッセル車は、五所川原を始発前に出発し、昼の混合列車の最後尾にぶら下がり五所川原に戻る運用だった。斜陽館に連泊しラッセル車を待ったが失敗に終わった。今回のチャーター運行で30年振りのリベンジを果たした。


プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -