FC2ブログ

秩父鉄道・桜で遊ぶ③

秩父
2014.4.13 浦山口の“お稲荷さんの祠から”。まずは一礼して撮影場所を選びます。

秩父
2014.4.13 5002ㇾの通過10分前に撮影地に到着。既に先客が祠のまわりに5人。またまた、撮りたいアングルがダメかと思いきや皆さん望遠系で桜を狙ってます。
おやおや階段にもひとり。ほとんどの“蒸機愛好家”は視界の良い最上段で蒸機を狙います。

秩父
2014.4.13 実にラッキーでした。一番いい場所が空いてました。ハイ本日もいただきです!

秩父
2014.4.13 帰りの車内で、世界の蒸気機関車で有名な都築さんと偶然会いました。秩父仲見世で軽く一杯飲んで別れました。最近はちょくちょく飲み会では会いますが・・・まさか秩父の電車の中で会うとは?
彼と初めて会ったのが、まだ蒸機撮影が不自由だった頃の84年の中国ツアー、そして少し自由になった91年には“北朝鮮の蒸機狙い”で中朝国境でバッタリ会いました。世界は広いようで狭いです。中朝国境と秩父に因果関係を感じます。これも時代の流れでしょうか。

秩父
2014.4.13 撮影後は秩父仲見世でおみやげを買います。秩父豚肉味噌漬、しゃくし菜漬と山本シェフおすすめの“田せり”です。帰宅後“田せり”を、おひたしにして酒の肴にしてまた一杯やります。こんな一日充実した、心と体のリハビリテーション“秩父C58おっさん旅”も良いものです。“蒸機愛好家”の皆さん、たまには電車で撮影に行きましょう!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -