FC2ブログ

原点回帰のC6120 ③

上越
2011.6.25 C6120を撮影し始めた頃は常にオーソドックスな編成写真を心掛けたのだ。
八木原-渋川の超有名撮影ポイントを、僕は“八木渋100人ポイント”と呼んでいる。
以来、後からこの撮影地を訪れても、サイドのポジションはガラガラなのだ。
皆さん、なぜか線路端が好きなようだ。理由は望遠で煙が圧縮できるからだろうか?

上越
2011.6.25 水上-上牧の人気撮影地。多い日は30人からのマニアがたむろする。
雨の日は撮影者も少なめだ。雨の日こそ、しっとりとした絵が素敵なのだ。
雨で電化ポールが目立たなくなるのだ。
実はこの時この場所で初めて“ヤマビル”なる奇妙な生物に遭遇したのだ!!
カメラバックに付いた虫が尺取虫かと思ったが、なんと“ヤマビル”だった!!
後に訪れた、この撮影地の上に有る有名俯瞰撮影地で大量の“ヤマビル”に襲われる事になるのだ!!

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2014/06 | 07
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -