FC2ブログ

安中~磯部“田園区間の勾配”

信越
2011.8.12 安中~磯部“田園区間の勾配”このエリアはどこでも煙がいいのだ!!

信越
2011.8.12 何度訪れても、そこそこの写真が撮れるが、変化が欲しいところだ!!

信越
横川駅から徒歩5分の“関所食堂”とにかくうまいのだ!!

信越
“ラーメン”シンプルだが、うまい!!とにかくうまいのだ!!お試しあれ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

“政所集落”を行く

上越
2013.8.15 “政所集落”を行く。
“政所集落”エリアは上下列車共にスッキリと撮影できる。

上越
2013.8.15 今では“正しい12系”は高崎車両センターと網干総合車両所宮原支所だけだ。

上越
みなかみ町・中華たむら 

上越
ボリュームたっぷりの定食。おためしあれ。

“下碓氷川橋梁”と“スハ32 2357”

信越
2011.8.12 “下碓氷川橋梁”信越線の定番撮影地。

信越
2011.8.12 “下碓氷川橋梁”煙の余韻を楽しむ。

信越
2011.8.12 “スハ32 2357”高崎車両センターの客車で“オハニ36 11”と人気を二分する客車だ。
蒸機の次位に実によく似合うのだ。


信越
2011.8.12 “スハ32 2357”1938年(昭和13年)製造。(旧:スハフ32 357)。
こんなモケットシートに座りながら風を感じ“飲み鉄”をしたいのだ!!

2014.8.17 D51498と“乗り鉄”で遊ぶ!!

信越
2014.8.17 素敵な“夏色の家族”なのだ!!

信越
2014.8.17 本日は“青春18きっぷ”を使ってD51498と“乗り鉄”で遊ぶのだ!!安中発車!!

信越
2014.8.17 東京から普通電車で、わずか2時間でこんな“素敵な列車”に出会えるのだ!!

信越
2014.8.17 本日、大変残念な出来事があった・・・。

磯部駅約1㎞の踏切での事だ、非常制動がかかり列車が停車した。
原因は“踏切障害物検知装置”に何かが反応してしまったのだ。犯人は逃走して不明・・・?
安全確認後、再度、勾配からの引出だ!!安全弁が盛大に吹き上がる!!
 
信越
2014.8.17 旧型客車と“浴衣美人”にしびれるのだ!!

信越
2014.8.17 “浴衣美人”の、ほほ笑んだ姿を頂きました。
これで僕の本日の目的は達成したのだ!!
“蒸機と浴衣美人”のコラボは、当ブログでは控えさせていただきます・・・。

2014.8.15 “ト―マスと遊ぼうョ!!”

大井川
2014.8.15 当日の天気は大雨と曇りと晴れ、複雑な天候なのだ!!
トーマスの撮影は難しいのだ!!

大井川
2014.8.15 やはり、トーマスは人物がらみが望ましいのだ!!

大井川
2014.8.15 撮影現場での立ち位置が難しいのだ!!
イメージ的には“手を振る親子”がターゲットなのだ!!
採点は“80点”ぐらいなのだ!!晴れれば“100点”かな??

2014.8.15 “雨上りのC5644”

大井川
2014.8.15 “雨上りのC5644”そろそろ夏の向日葵も終わりなのだ!!
汽車見にやって来た、爺ちゃんと孫が良いアクセントなのだ!!

大井川
2014.8.15 窓を開けて風を感じる客車って最高の贅沢なのだ!!
列車の風で向日葵も流されるのだ!!客車に向日葵が写り込むのだ!!

山峡の“小日向集落”を行く

上越
2012.8.8 山峡の“小日向集落”を行く。
夏のむんむんとした“草いきれ”は蒸機撮影には向いていない。

上越
2012.8.8 この場所は、煙の有無は運しだいです。

上越
2012.8.8 SL C61 誕生記念号。

“政所の向日葵”

上越
2013.8.15 “政所の向日葵”
上越線の上り列車は煙が出ないので工夫が必要です。

上越
みなかみ町・育風堂精肉店

上越
“ソースかつ丼”なかなかうまいですョ!!

“完全燃焼の影森坂”

秩父
2014.8.7 “完全燃焼の影森坂”
秩父鉄道の上り列車の人気撮影地“影森坂”連続20‰の勾配が続く難所だ。
沿線住民の苦情から完全燃焼運転で黒煙は少ない。
但し、C58が喘ぐブラスト音は素敵なのだ。ビデオ向きだろう。

秩父
2014.8.7 こんな日もあるのだ!!

秩父
2014.8.7 秩父鉄道の“駅”は古き良き時代の鉄道駅が点在するのだ!!
“記念写真”も“鉄道情景”なのだ!!


2011.8.5 下碓氷川橋梁(通称:安中橋梁)

信越
2011.8.5 下碓氷川橋梁(通称:安中橋梁)。まさに定番です。上段、中段、下段、サイドと100人以上
撮影できる場所です。とりあえず“有名撮影地”で撮影してみましょう。

信越
2011.8.5 暑いですが“窓を全開にして汽車旅を楽しむ”乗客の笑顔が印象的だ。

信越
2011.8.5 “昨日の敵は今日の友”このDD51にふさわしい言葉だ。
“現役蒸機”撮影を経験できた諸兄へ。あの昭和40年代、次々と無煙化によって“蒸機”が廃止に追い込まれた。
その立役者が憎き“赤ブタ”こと“DD51”だった・・・。
時が流れて21世紀。DD51も“古き良き時代の国鉄”を代表する車輌だ。
まさに “昨日の敵は今日の友”に乾杯なのでした!!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -