FC2ブログ

2015.2.11 真岡鐵道  “重連・茂木大俯瞰” 

真岡
2015.2.11 真岡鐵道  “重連・茂木大俯瞰” 
6002ㇾは“茂木大俯瞰”を選びました。
この場所に行った事がある人はわかると思いますが、雪の残る急斜面の登攀は良く滑り結構きついのです。
それでも茂木の入換を撮影しながら、発車の時間まで至福の時を過ごします。
この日の最上段での撮影は5人でした。

真岡
2015.2.11 真岡鐵道  “重連・茂木大俯瞰” 
決して爆煙ではありませんが、俯瞰の深い角度でサイドからの重連撮影です。
現役蒸機時代にはC11やC12のタンク機の重連を撮影したことがありません。
真岡鐵道や大井川鐵道では現役蒸機時代に撮影出来なかったタンク機の重連を体験させてくれます。
実にありがたい事です!!

さて撮影後急斜面をコケない様に注意深く降りましょう。

真岡
2015.2.11 真岡鐵道 
最後に6103ㇾを撮りに八木岡にやって来ました。
おやおや。友人の海外鉄研の松島さん夫婦と、秋の只見線撮影以来の久しぶりの撮影地での遭遇です。

僕の“蒸機撮影”は撮影も楽しみますが、友人・知人と会って話したりするのも楽しみです。
今回の撮影も多くの友人・知人と話す事が出来ました。ありがとうございました・・・。 

本日も僕のブログを検索して頂きありがとうございました。
毎日更新しますので、今年もよろしくお願いします!!
蒸機鉄の“一期一会”を楽しみましょうョ!!
日本ブログ村に参加しました。よろしければ“ポチッ”お願いします!!
この“ポチッ”の先には、多くの素晴らしいブログがあります。
にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
01 | 2015/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28