FC2ブログ

2011.6.6 遠山森林鉄道 79号機 “ハイランド・しらびそ”

ナロー
2011.6.6 遠山森林鉄道 79号機 “ハイランド・しらびそ”
それにしても、この保存機を訪れるのに96号機とセットで一日がかりでした。
この保存情景も素敵です。今にも動き出しそうでした。

ナロー
2011.6.6 遠山森林鉄道 79号機 “ハイランド・しらびそ”
この機関車も、梨元まで下ろして動態保存していただければと思います。

もしかしたら夢が実現する日が来るのかもしれません・・・。

2011.6.6 遠山森林鉄道 96号機 “梨元・ていしゃば”

ナロー
2011.6.6 遠山森林鉄道 96号機 “梨元・ていしゃば”
2012年に関係者の努力により動態保存になりました。

ナロー
2011.6.6 遠山森林鉄道 96号機 “梨元・ていしゃば”
まだ線路は100mほどですが。時々走行します。できれば遠山森林鉄道跡地に敷設していただけたら?
夢ですかね。
時間が取れましたら動態の酒井を見に行きたいと思います。

2011.6.25 上越線 “雨に唄えば” 理想的な白煙

上越
2011.6.25 上越線 “雨に唄えば” 理想的な白煙
HM無しのC6120に旧型客車の組み合わせは時代を超えます。素晴らしいと思います。

まさかね21世紀にこんな写真が撮れるなんて幸せです。
昭和51年7月9日。大井川鉄道C11227運行開始。
昭和54年8月1日。山口線C571運行開始。
あれから39年。誰が現在の復活蒸機の状況を想像できたでしょうか?
これからD51200が復活し、もしかするとJR東日本でも新たなる蒸機が復活するかもしれません・・・。
これからも蒸機趣味を楽しみましょう!!

2013.6.29 秩父鉄道 “デフレクターの印象” あの日にかえりたい

秩父
2013.6.29 秩父鉄道 “デフレクターの印象” あの日にかえりたい
あーいいよねてなもんです。
中学高校時代に石北本線や釧網本線で撮影出来たC5833は、かっこよかったですネ!!

何の責任もなかった中学高校時代にかえりたいものです。

2012.6.12 上越線 “舟戸の大カーブ” 

上越
2012.6.12 上越線 “舟戸の大カーブ” 

渋川を発車した下り列車は大きく右へ弧を描き、有名な第一利根川橋梁を渡ります。
ここから大きく左へ力行運転が始まります。背景は渋川の市街地です。

いつも僕のブログを見て頂きありがとうございます。
旬の話題が無くてすいません。現役蒸機の画像は年末から何とかなりそうです。
今後ともお付き合いのほどよろしくお願いします。



2010.6.12 豊後高田市 “風の草原”

ボンネットバス
2010.6.12 豊後高田市 “風の草原”
うおーっ!!こんな所で“ボンネットバス”発見!!
フロントグリルはいすゞのボンネットバスの様です。でも何かが変です!!

調べてみると、その正体は「すこやか号」検診車の様です。詳細は不明です。
鉄道車両に比べて、ボンネットバス廃車体探しは、まだまだ発見があるはずです。

2008年の『北京オリンピック』開催前の事でした。
屑鉄価格が高騰し、日本全国のこの様な廃車体が消えた時期がありました。

今週の土日も、何かと忙しくて撮影に行けません。何とか体制を立て直さなければなりません。

2013.6.9 上越線 “第三利根川橋梁” 静かなる午後

上越
2013.6.9 上越線 “第三利根川橋梁” 静かなる午後

上越線上り列車は只々だらだらと下るだけです。
蒸気機関車だか電気機関車だかわかりません。画像はいわゆる“鉛筆ころがし画像”です。

但し、現役蒸機を体験した鉄ちゃんならわかると思いますが発煙しない蒸機列車も自然な鉄道情景です。
上越線では煙を望むことなく“自然”を楽しみましょう。

2013.6.8 上越線 “第三利根川橋梁” 新緑の情景

上越
2013.6.8 上越線 “第三利根川橋梁” 新緑の情景

ここで磐西の様な煙が出れば“一級の撮影地”なのですが?
上越線で“爆煙”を期待する事自体かなわぬ夢です。
それにしてもロケーションは抜群ですが、いかんせん光線状態もかんばしくありません。

この撮影地は滑りやすいので要注意です。
上越線では追っかけは禁物です。ゆったりとした気持ちで撮影しましょうョ!!

2013.6.1 上越線 “綾戸ダム大俯瞰”

上越
2013.6.1 上越線 “綾戸ダム大俯瞰”
ダムの放流とC61の組み合わせです。確か上り5‰の勾配が有るはずです。
ダイナミックな風景ですが光線や煙が残念な結果です。

上越線の評価は様々です。撮影する人が少ないので撮りやすいと言う鉄ちゃんもいれば
上越線は電化区間で煙も無いので撮影に行きませんと言う鉄ちゃんもいます。

改めて“上越線”は撮影に難しい線区だと思いました。

2011.6.11 ㈱新東海バス “梅雨の日のボンネットバス”

ボンネットバス
2011.6.11 ㈱新東海バス “梅雨の日のボンネットバス”
今回のゲストは“ペコちゃん”です。
現在㈱新東海バスではボンネットバスの定期運行は行われておりません。

ボンネットバス
2011.6.11 ㈱新東海バス “梅雨の日のボンネットバス”
雨には雨のボンネットバスの情景があります。

ボンネットバス
2011.6.11 ㈱新東海バス “梅雨の日のボンネットバス”

地域おこしで復活したボンネットバスが数々ありますが、残念ながら休止になった例も少なくありません。
やはりボンネットバスだけでは集客は望めないのでしょうか・・・。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -