FC2ブログ

Episode O ―終わりの始まり・40年前の今日へ― 第1日目 “最後の旅立ち”

鉄
Episode O ―終わりの始まり・40年前の今日へ―“1975年冬・夕張線6788ㇾ回想録”

“プロローグ”
当時の僕は都立高校の三年生。
将来の夢も希望もなく、ただだらだらと時の流れに身を任せているだけの生活をおくっていたのだ。
但し“蒸機”撮影とアルバイトを除いては・・・。

親はバカ息子に対して撮影費用は一切与えず、撮影に行きたければ自分で稼ぎなさいという方針だった。
僕は汗水垂らしたりスリルを味わったりと、合法・〇合法の仕事で一生懸命働いた。
この時代、勉強はしないが社会勉強は誰よりもした。
この時の経験こそがその後の僕の人生に役に立つとは夢にも思わなかったのだ・・・。

「これが最後だからSL撮影に行っていい?受験勉強は高校三年になったらやるから」親子で交わされた
美辞麗句的な言葉は高校二年の夏には消滅した。
結論は他人様に迷惑を掛けなければ(他人にバレなければ)、親は見て見ないふりを貫いていた様に思う。
それでは何故“蒸機撮影”に夢中になってしまったの?

原因は・・・
①蒸機がカッコイイから。今撮らないと無くなるから。
②日本全国を旅したいから。
③蒸機趣味の友人が出来たから。
原因の根底には恐らく
(1)女子と会話したくて話題造りやみやげ持参による接近の準備の為(本音)。
(2)冒険をしたかった(見聞を広げる)!!
(3)蒸機を追い駆けた青春物語を過ごしたかっただから!!と言うのが本音だと思う。

いよいよ現役蒸機の終焉の日が迫って来た。
12月15日(月)の朝、自宅でコタツに入りながら見た朝のニュースを鮮明に覚えている。
それは前日の14日(日)に行われた室蘭本線のC57135牽引「さよなら運転」の模様だった。
遂に終わったか正直そう思ったのだ。

16日(日)の夜に後輩の橋本君から電話あり、「陽一さん、いまオレ夕張に来ている!!
雪もあるしD51もまだ走っている!!現地情報では、さよなら運転は24日(水)に決定、夕張で待ってるョ・・・」
北海道からの聞き取りにくい長距離電話に思わず興奮を覚えたのだ。
期末試験は17日(月)で終わる、終業式の24日(水)はシカトに決定。問題は金だ!!
15000円は必要なのだ(金の入手方法は長くなるので割愛する)。道南周遊券と特急券を購入すると
既に手元には7400円だけだが、とにかくなにがなんでも夕張へ行くのだ!!

ではまず第一日目、40年前の“今日”12月21日(日)に時計の針を戻してみる事にしよう。

1975年12月21日(日)晴れ
Episode O ―終わりの始まり・40年前の今日へ― 第1日目 “最後の旅立ち”
拝島13:40→青梅・中央・山手線→上野15:30、上野16:00→1M特急「はつかり5号」→青森0:15、青森
0:35→1便「松前丸」→函館4:25、函館4:45→1D特急「おおぞら1号」→苫小牧7:57(1M→1便→1Dの
ゴールデンリレーで苫小牧入り)。長万部・鷲別で目にした蒸機は雪をかぶった廃車体ばかりなのだ!!

僕は残念ながらC62重連「ニセコ」を見たことが無い。
※1972年8月の小樽~岩見沢間で走ったC62重連の記念運転は撮影出来たが?「ニセコ」を知らない
のだ。初めての渡道は1972年8月でC62重連「ニセコ」がDD51重連になった翌年だ。
それでも何とかこれで8回目の渡道を迎えたのだ。
装備はミノルタ2台とヤシカフレックス1台(TX+コダカラ―を詰め)、スリックの三脚、カセットデンスケと
僅かな食料と衣類を背負子に括り付けて一人で出発だ。

2015.12.18  JR SKI SKI  “そこに雪はあるか。”

除雪
今年も、やって来ました除雪車の季節が?!
JRのDD14が全廃され随分と寂しくなりましたが、まだまだ少しだけラッセル車は存在します。
津軽・弘南に残された最後の3輌の“キ100”に今年は逢うことが出来るのでしょうか?!
僕の来年の冬のテーマは“そこに雪はあるか。”にします。

除雪
毎年楽しみにしている JR SKI SKI のポスター “そこに雪はあるか。” 。
それにしても“山本舞香さん”の“目力”は凄いのです。

除雪
こちらはおとなしい“平祐奈さん”でした。

チョットそこの貴方、酒ばかり呑んでないで、たまには現場に出ましょうョ!!

2015.12.17 “吉田類 酒場放浪記” 昭和は遠くになりにけり、なんてね!! 

上越
2012.12.2  上越線・渋川

鉄
2015.12.17 “吉田類 酒場放浪記” なんてね!!
鉄
説明はいりません!!昭和的呑み会です。
鉄
それにしても“魚”ネタうまいです。
鉄
なんだかんだで考えてみると僕の参加する呑み会は水・木に集中している?関係者は土日の使い方が違うの
でしょうか?家族サービス・のんびりしたい・気兼ねなく撮影したい?
言葉はバブル時代に遡るが、花金とは「花の金曜日」の略で、金曜日の晩に遊んで(呑み歩いて)楽しむことを
意味する。つまり僕のまわりの方々は“花水”“花木”の様相を呈しているのだ・・・。
そんなわけで今宵もJR拝島からJR東十条「たぬき」まで46.2㎞の距離を遥々呑みにやって来たのだ。

新宿駅23:57発青梅行き最終?16番線から出発?エッ?大久保・東中野こんな駅も停車するの?
この電車寝過ごしたら青梅?ヤバイヤバイなんだか眠くなってきたのだ・・・。それにしても車内混んでるな~。
みんな仕事帰りかナ?寝てる人沢山いるけど寝過ごさないのかな?寝過ごすと高くつきますョ!!
なんとか寝過ごさず地元駅で下車。千鳥足で自宅に着いたのが1:10でした。デハデハモハモハ。
眠いビッチで本日も楽しく呑めましたトサ!!

2015.12.12-13  海外鉄道研究会 ・ 呑み過ぎ注意報発令中!!

海外
1997.12 ドイツ この時も一人旅で寂しかった思い出があります。
僕が海外鉄道研究会に入会したのは80年代後半だったのだろうか記憶が曖昧です。
目的は海外蒸機の情報収集と永野晴樹氏・山本高英氏(両巨頭)から蒸機趣味を学ぶことでした。
山本高英氏から海外蒸機撮影で学んだことは、時間を無駄にしない、たとえまずい食事でも体力温存の為に
食らう。現地機関区では隅から隅まで見て回り、たとえ廃車体でも見逃すな!!廃車体の正しい撮影技法な
どの習得です。山本高英氏と海外蒸機撮影で7回同行する幸運を得ることができました。

鉄
2015.12.12 海外鉄道研究会・理事会 大田区民プラザ

鉄
2015.12.13 海外鉄道研究会・蒸気機関車部会 豊島区民センター
この日の出し物は、ドイツ・キューバ・中国の画像と動画でした。

鉄
2015.12.13 池袋・天狗
例会の後は有志で“呑み鉄”です。
こうしてリアルなお付き合いの夜は更けていくのです。
直接お話しを伺うと、アイデア・閃き・知らなかった事など数々のヒントを頂けましたとさ・・・。

2015.12.11  “煙恋しや・・・。” + 続々充電中

上越
2012.12.2 上越線  “煙恋しや・・・。”
それにしても最近は蒸機撮影をしていないのです!!
早く仕事片づけてフィールドワークに出ましょう!!
鉄
2015.12.10
この界隈を若い頃?闊歩された品川530博士の思い出の店?
かつての“恋ばな”の現場でしょうか?実にシブイ店です!!
今宵は“新中野・やるき”に集合てなもんです。ただの居酒屋ではございません。
スパイス&ハーブ居酒屋です。今回は新メンバーにリアル201系〇〇〇先生投入です!!
わかるかなあ~っ、わかんねえだろうな~っ。まあ楽しく呑めればそれもよしなのだ。
鉄
乾杯!!悪徳獣医。もとい。良心的敏腕獣医先生とイヌゲージ犬鉄(模型ではかなり大糞核爆!!)先生が
登場し、呑み鉄の現場が俄然ヒートアップするのだ!!
鉄
インド料理のサモサ登場!!
おでん・もつ煮・ホッケ焼き・メンチと何でもカレー味。

それにしても皆さん良く呑みますネエ?帰りの電車は大丈夫ですか?
日本酒と焼酎投入で宴は絶好調のお●核爆だそうです・・・。
鉄
タンドリーチキンもどきか?これは美味い!!インドは玉ネギはあるが長ネギは存在しない!!

やるやるとは聞いていたが“素人美人アルバム”を拝見したが、これほど“上手い!!”とは驚きです!!
“EROTAKE先生”の女性撮影技術は素晴らしいのです!!僕の画像より美人を選んでいるところが凄い!!
どうか僕を弟子にしてくださいませ。でもね、おっさんが二人でこの撮影やったら即通報だね・・・。

少し早いですがみなさん良いお年を!!
品川530博士へ、おつかれさまでした。

2015.12.11 “累々たる群青の空に、さながら龍のごとく” + 続・充電中

上越
2012.12.8 上越線 “累々たる群青の空に、さながら龍のごとく”
上越
2012.12.8 上越線 “累々たる群青の空に、さながら龍のごとく”

あの頃は、毎週のように上越線に通いました。それはある目的があったからです。
その目標の達成は“富士フイルムフォトサロン六本木”で完結しました(するはずでした・・・。)。
駄菓子菓子!!野望はまだまだ続くのです!!折れない心さえあれば何とかなるはずです・・・。

続・充電中
本日も夜のとばりが下りるころ鉄な呑み会に参加してきました。相変わらず楽しい“おっちゃん”達です。
ジャンル的には蒸機鉄中心では無いな?!あえて言うなら“呑み鉄”かな?!
撮影地や呑み会で逢ったシンパシーを感じた鉄ちゃんたちかな?!

2015.12.8 GAMERA:2016 vs 2016シン・ゴジラ

ガメラ
“GAMERA:2016”遂に公開予告あり!!ギャオスが出る事まではわかるがストーリーは明かされていない。
ボク的には“シン・ゴジラ”よりも期待している!!
ゴジラ
“シン・ゴジラ”は大田区・蒲田のロケでばれてしまった!!これもまたストーリーは明かされていない。

僕の子供の頃の時間の流れと、現代の体感する時間の流れは明らかに違うのだ!!
1966(昭和41年)年~1968(昭和43年)年が“怪獣ブーム元年”なのだろうか??!
当時の子供たちは、夢中になってテレビ・映画・雑誌を貪ったのだ。
自分たちの知識の中で“怪獣論”を激しく闘わせた!!たぶん小学生の間でだ。
封切りされた“怪獣映画”はどれもこれもヒットして小学生が列を作ったのだ。
とりわけゴジラとガメラが人気を二分したのだ。
“怪獣”の存在を信じて疑わなかった子供たちもクラスに沢山存在した?!!
僕の家の近所にも東宝の映画館があり“ゴジラ”が封切られると良く映画館に並んだのだった。
大映の“ガメラ”は、わざわざ青梅まで観に行った!!
“ウルトラマン”の登場から様相が変わってきた?のだ・・・。
バーチャルからリアルへ、子供ながらに冷静に現実を見つめる様になったのだ!!
“怪獣”なんて、この世に存在しないのだ。

そして現実の鉄道に興味を持ち始めたのだ!!
貴方もそして僕も同じキッカケから鉄道趣味にはまったのではないだろうか???
なぜならば僕の多くの友人で、オタクは?怪獣→鉄道趣味の王道を歩むのです。ハイ!!
2016年は“怪獣映画”で童心へと回帰しようではありませんか・・・。

信越

2015.12.4 木枯らしの季節

上越
2012.12.9 木枯らしの季節
鉄
2015.12.2 9633会in目黒
鉄
2015.12.2 9633会in目黒
鉄
2015.12.2 9633会in目黒 おじさんたちは酔っ払っています。

大した仕事はしてなくとも年末は何かと忙しいのです。
荒川先生チームや宮澤先生チームの写真展を鑑賞に出掛けて刺激と創作意欲を受けてきました。
9633会in目黒の宴会では沢山楽しい話が聞けてこれまた刺激を受けてきました。
安心してください!!“鉄”の撮影は皆無ですが“別のジャンル”は撮影し続けています。
おっといけねえ!!そろそろ帰宅の電車が心配なので帰ります。高尾まで寝過ごすと大変ですから・・・。

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
11 | 2015/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -