FC2ブログ

特雪の魔力 1話 “第一種接近遭遇・宇津峠”

特雪
米坂線・宇津峠 特雪623ㇾ DD14309[長岡]+ DD14317[長岡]の背合重連。
時刻 羽前椿13:05→羽前沼沢14:30-40→小国15:46
なぜか前照灯は点灯せず尾灯を点灯しての登場だ。

特雪の魔力 1話 “第一種接近遭遇・宇津峠”

一度豪快に全力で投雪する姿を見てしまったら・・・。
“特雪”に病み付きになってしまいます。
更に悪いことにこの後に“深名線特雪”を体験してしまいました・・・。
“特雪”が“どうにもとまらない”状態になりました。そんな記録の始まりです。

豪雪の雪国で活躍する“ロータリ-車”を撮影したい願望は昔からありました。
ラッセル車は、偶然に何度か撮影することが出来ました。しかし除雪中の“ロータリ-車”は一度もまともに撮影できた
ことがありませんでした。(停車中又は回送は何度となく撮影済)

きっかけは93年に木村忠吾氏(鬼平犯科帳の登場人物と同姓同名である)の出会いから始まります。RMを通じて
知り合い、僕の“インド蒸機撮影情報”と交換に“特雪撮影指南”を伝授して頂けることになりました。

94年1月25日(火)。前日に突然会社に、木村氏から電話がありました。明日“米坂線特雪”走ります。
会社休めますか?ハイ休みます!!
それでは明日、東京駅12番線ホームの「つばさ113号」の自由席で待ち合わせしましょう。

木村氏からの忠告。
始めにお断りしておきますが、蒸機の撮影と同じようにスカ(除雪をしない区間)もあります。
まともに特雪の投雪を受けると怪我ではすまない場合がありますので撮影には充分注意してください。
本日はだいたいの除雪作業区間を事前に確認してあるので、多分うまく撮影ができるはずです。
後は天候と雪壁と次第です。幸運を祈りましょう。

米坂線で初めてこの目で見たDD14に感激しました。
遠くから聞こえてくるバタバタとロータリーが固い雪を砕く音。
そして雪の投雪角度を調節しながらゆっくりとこちらに向かってきます。それはまるで“赤い食肉怪獣”そのものでした。
特雪623ㇾに感動を頂きました。
そして“特雪撮影指南”を伝授していただけた木村氏にも感謝の気持ちでいっぱいでした。
帰りの新幹線の車内のビールでの乾杯は一生忘れる事はありません。

“特雪フリーク”の誕生です。

語り尽くせない汽車物語 7話 “門デフC11254” 1974年/春

会津
喜多方 234レ

語り尽くせない汽車物語 7話 “門デフC11254” 1974年/春

会津若松機関区 55仕業を覚えているだろうか?
郡山16:27→会津若松18:21-18:49→野沢19:51 野沢行237レ
※郡山(ED77牽引)→会津若松(C11牽引)→野沢
野沢20:01→会津若松20:09 郡山行234レ
※野沢(DD51後補機C11)→会津若松(帰区)
夜間撮影しかできないが貴重な客車列車だった。
何度か会津若松や喜多方で夜間撮影を試みた。

会津・只見・日中線は東京からも近くよく出かけたのだ。
会津の空にC11の門デフは意外にマッチしていた。

会津
第三只見川橋梁 1491レ

昨年の秋頃だっただろうか?まことしやかに来年から大井川鐡道でC11が門デフ装備で走るらしい・・・。
話の出どこは不明だが会津田島に保存されているC11254の門デフの寸法を測りに来たとか・・・。
年末の忘年会でも噂になったが、今の時代画像UPがされてないので都市伝説扱いされてしまったのだ。
そしてC11190がイカロス出版の協賛によって見事に門デフ装備となった。
久しぶりに門デフを見に行き来たくなったのだ。

国鉄時代を旅する 1話 “飯田線・乗り鉄”  1982年/夏

飯田
東栄駅でのタブレット交換。郵便や小荷物輸送は全て過去の鉄道情景です。

飯田
冷房はありません。開け放たれた窓から高原のさわやかな風が流れてきます。


国鉄時代を旅する 1話 “飯田線・乗り鉄”  1982年/夏

僕は特に電車が好きというわけではない。
しかし飯田線の“旧国”だけは別物だった様な気がする。確かに“旧国”の他に流電・ED18・ED19・EF10などの
役者も揃っていたのも事実だが。飯田線は辰野~豊橋まで196㎞を普通電車で約6-7時間かかって走破する。
ゆっくりと旅が出来る路線だ。ニス塗の車内も魅力的で前時代的な雰囲気が漂っている。

そんな飯田線を一人で、又は友人と旅を何度かしている。ほとんどが旧型電機を撮影するのが目的だったが、
今回の目的は“飯田線完乗”だったのだ。

そんなある日のことだ。辰野発、豊橋行き○○○Mに乗車した。
豊橋までぶらぶら・ぐたぐたと196㎞を完乗したい。窓を全開に開け、高原や渓谷や田園の流れゆく車窓を
眺めながら“旧国の旅”を楽しみたい。眠くなったら寝れば良い。車窓に飽きたら文庫本を読めば良い。
車内のスナップ撮影も良いだろう。駅弁はあるのかな?
チャンスがあれば有人駅の交換で入場券も買いたいのだ。

ガタゴトガタゴト電車は走ります。車窓から心地良い風も入ってきます。
丁寧に小さな駅に止まりながら少しずつ進みます。

へぇ~っ。タブレットまだあるんだ?先頭のクモニは主要駅で荷物の積み下ろしもある。
なんだかワクワクするねぇ。
停車時間は何分ある?入場券を買いにこう!本当は走行中の旧型電機を撮影したいのだが・・・。
まっぁ!たまには乗り鉄も良いだろう。こんな機会でもなければ“飯田線完乗”なんて考えられないのだ。
豊橋に着いたらどうしようか?また辰野まで飯田線に乗りますか?冗談でしょう?

現代では、これにちかい旅は“大井川鐵道”か高崎支社の旧型客車列車でしか味わう事が出来ないでしょう・・・。


2016.2.6 海外鉄道研究会 蒸気機関車部会

海外
山本さんのニュージーランド蒸機のお話し
海外
永野さんのドイツのお話し
海外
ドイツ蒸機のナンバリングのお話し

本日も海外鉄道研究会・蒸気機関車部会が池袋で開催されました。

主な内容は
①山本さんのニュージーランド国鉄の保存蒸機レポート。
②永野さんのドイツ蒸機のナンバープレートのナンバリングの講義。
③古川さんのポーランド・ワルシャワ鉄道博物館のお話し。

もしも?貴方が海外の鉄道や蒸機に興味がありましたら。
海外鉄道研究会のHPをご覧ください。よろしければ入会お願いします。

語り尽くせない汽車物語 6話 “飯山線・古豪18688”

飯山
1971年5月2日 飯山線・飯山駅
飯山
1971年5月2日 飯山線・飯山駅

語り尽くせない汽車物語 6話 “飯山線・古豪18688”

1971年5月2日。昭和47年。14才春のお話しだ。

これまで八高線・米坂線・羽越本線で蒸機を撮影してきたがいずれも一人旅ではない。

今回が初めての宿泊有の一人旅だ。期待と不安が入り混じり合った小さな大冒険の始まりだ。
信州周遊券を購入し、カメラ(ミノルタ)と僅かなフィルムに、時刻表とダイヤは
鉄道ファン1971年1月の臨時増刊号「蒸気機関車撮影地ガイド」
(SLダイヤ情報の創刊は昭和47年11月でこの時点では未発売だ)を選んだ。
背負うザックは意外に重かったのだ。

混雑する上野駅にハラハラドキドキで到着する。既に直江津行き急行「妙高6号」は17番線に入線していたのだ。
ヤバイ!!自由席は5輌。奇跡的に進行方向の窓側の自由席にありついたのだ。これで長野まで座って行ける。

やがて23:58に急行「妙高6号」が客車列車特有のゴトンゴトンと
連結器を順次引き出す感覚でゆっくりと発車した。
牽引はEF627で、僕の乗車する先頭のオハフはすきま風で寒いのか乗車率が低い。
ホイッスルや車窓を流れる街の灯りに興奮を覚える。

見るもの聞くものがすべて珍しく今夜は眠れそうにない。翌2:38列車は広い構内の駅で停車した。
横川駅だった。発車は2:50。駅弁の立ち売りもいる。

ここからEF63の重連の後補機が付くことを後で知った。駅弁売りから“峠の釜めし250円”を買った。
生まれて初めて見る陶器の駅弁に興奮するのだ。駅弁を食べながら闇夜に目を凝らす。
なんだか随分トンネルが多い気がするのだ。

長野に着いたのが5:00。飯山線の始発が123Dの5:38で替佐6:11で下車する予定だった。
不覚にも睡眠不足から爆睡してしまい飯山6:27まで乗り越してしまった。大失敗だ!!

しかたなく飯山で7:00発の222ㇾ18688の発車を撮り
十日町行き129D7:09に乗車しながら寝る事にする・・・。

この時得た教訓は、夜行列車は体力温存の為に必ず寝るべし!!睡魔は全ての予定を破滅させる!!
その後の蒸機撮影に大いに勉強になったのだ。

ボンネットバス 温故知新 “岩手県交通の日野BH15”

掲載誌
懐かしの“岩手県交通の日野BH15”です。

掲載誌
このグラフ誌のコラムも担当しています。

鉄道ファンとバスファンの撮影の好みが全く違います。

鉄道ファンは一般的に編成写真を重視します。
それに情景的写真、イメージ的写真や型式写真が加わります。

バスファンは形式写真を重視するカタログ的写真を好みます。
特に駅前や車庫等で見られる複数車輌の並びが大好きです。
バスの情景写真を好むファンは少数派です。

僕の多くの友人で鉄道とバスの両方を撮影している方は少数派です。
貴方も“禁断のバスの世界”を少しだけ覗いてみませんか・・・。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
01 | 2016/02 | 03
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 - - - - -