2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!

鉄
2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!
世界的に有名な“渋谷スクランブル交差点”何回通っても人間の欲望が渦巻いている魔境です。
“渋谷スクランブル交差点”は被写体としては大好きです!!僕の大好物なのです!!

鉄
2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!
渋谷“レストランパンダ”で開催された怪しい呑み会です!!
参加者50名!! 凄いね!!

鉄
2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!
中華大円卓を囲む僕の“老朋友”たち!!
今宵の主役は間違いなく、都築雅人さんでしょう!!
都築雅人さんの写真展「煙情日記5・昭和追憶」がキャノンギャラリー銀座にて
2016年5月26日(木)~6月1日(水)で開催されています。
都築雅人さんが本日の写真展を閉めた後に呑み会に合流です。
みんなで楽しく呑みましょう!!

鉄
2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!
イイじゃないですか!!呑みましょうよ!!

鉄
2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!
友達はお金では買えませんヨネ!!日頃のお付き合いがいかに大切かということです!!

やはりバーチャルよりリアルですヨ!!ハンドルネームより本名ではないでしょうか?
“漁夫の利”や“二兎を追う者は一兎をも得ず”や“パラサイト”は禁止ですヨ!!

みんなで仲良く楽しく残りの人生を遊びましょうヨ!!
わかるかなァ?わかんないだろうなァ?

鉄
2016.5.28  今宵は渋谷で “中国鉄ちゃん大宴会” これも人間交差点!!
浅野さんが意外な人を紹介してくれました。

うぅうん~。
He who runs after two hares will catch neither.
When two men quarrel, a third party gets the benefit.
まさに今宵も“人間交差点”なのです・・・。

そこの貴方!!“ともだち”を“老朋友”に昇格させましょうヨ!!
“21世紀の鉄道少年”たちに乾杯です!!

あたしは “中国鉄ちゃん大宴会”を途中下車して、立川駅にて妻にピックアップされ最終日の
「SL只見線新緑号」撮影へと一路、三度“会津”へと向かいます!!

2016.5.21 磐越西線 “2016年・8233会” 喜劇・宴会列車 ①

磐西
2016.5.21 磐越西線 “2016年・8233会” 喜劇・宴会列車 ①
「完全燃焼の川吉」それにしても暑い日です。
早く宿屋に帰って“一風呂”あびまひょ!!

磐西
2016.5.21 磐越西線 “2016年・8233会” 喜劇・宴会列車 ①
笑顔の宴会。「どんだけっ~酒!!」「どんだけっ~酒!!」てなもんです。

磐西
2016.5.21 磐越西線 “2016年・8233会” 喜劇・宴会列車 ①
今年もやってきました“喜劇・宴会列車”の旅の始まりです。今宵も楽しく呑みましょう!!

2016.5.27 平成28年度第17回公益社団法人日本写真家協会定時会員総会 in 御茶ノ水・ソラシティ

日々
2016.5.27 平成28年度第17回公益社団法人日本写真家協会定時会員総会 in 御茶ノ水・ソラシティ
凄い団体ですネ。改めて身が引き締まり襟を正す思いです。

日々
2016.5.27 平成28年度第17回公益社団法人日本写真家協会定時会員総会 in 御茶ノ水・ソラシティ

六代目会長 熊切圭介 氏からのご挨拶です。
日本を代表するプロフェショナル写真家団体・公益社団法人日本写真家協会

日本写真家協会(Japan Professional Photographers Society 略称JPS)は、昭和25(1950)年
の創立以来、写真家の創作活動を奨励し、写真家の職能と地位確立のための活動を行って
います。
平成23(2011)年内閣府より公益社団法人への移行認定を受け活動しています。正会員は1,593名、
名誉会員10名、賛助会員54社(2016年5月現在)で、わが国最大の職業写真家の組織です。

東京都千代田区に事務所を持ち、写真著作権の啓蒙・普及、写真展の開催、写真技術に関する
研究、国際交流、ニュースや会報の発行などを通して、写真文化の発展に寄与しています。

日々
2016.5.27 平成28年度第17回公益社団法人日本写真家協会定時会員総会 in 御茶ノ水・ソラシティ
昔々僕が働いていた、怪しい某大企業では良くこんな大会場でレセプションがありました。
それはバブリーな時代の終焉後も続きましたトサ。

日々
2016.5.27 平成28年度第17回公益社団法人日本写真家協会定時会員総会 in 御茶ノ水・ソラシティ
1593分の1の思い・・・。
新たなる挑戦の思い・・・。
我・写真表現者たらん・・・。

僕の師匠が、こう仰っておりました。
あなたねぇ“写真の表現は粒子や画素数だけじゃないんだヨ”と・・・。

2016.5.27  矢野直美さん写真展 「人あかりの路」 元祖・鉄子・家元 を拝見しました!!

写真展
2016.5.27  矢野直美さん写真展 「人あかりの路」 元祖・鉄子・家元 を拝見しました!!
鉄子暦17年の矢野直美さんにお会いしました。

正に元祖・鉄子・家元に相応しいキュートな方でした。
写真は女性特有の優しい眼差しで被写体を捕らえていました。

おっさんの僕には手も足も出ない領域でした。

写真展
怪しい変なおじさんの僕のお相手をしていただきありがとうございます。

東京写真月間2016「人と鉄路」心をつなぐみち
矢野直美写真展
「人あかりの路」

会場:オリンパスギャラリー東京
期間:2016年5月27日(金)~6月1日(水)
午前11:00~午後7:00 
(最終日 午後3:00)
入場無料

●オリンパスギャラリー東京
東京都新宿区西新宿1丁目24番地1号 
エステック情報ビルB1F
TEL 03-5909-0191

2016.5.26 都築雅人さんの写真展「煙情日記5・昭和追憶」パーティーに参加してきました!!

写真展
2016.5.26 都築雅人さんの写真展「煙情日記5・昭和追憶」パーティーに参加してきました!!
宮澤先生がスピーチされています。
都築さんの人柄による交友関係はさりげない凄さなのです。

交友関係はお金では買えません。日頃のお付き合いの成果にほかなりません。
僕もパーティーに参加させていただき何人もの古い友人と親交を深め、新しい友人ができた事を嬉しく思います。

都築雅人さんと初めてお会いしたのが、1984年冬の中国蒸機撮影からですから、かれこれ30年以上のお付き
合いになります。

多分同じ年の、違う視点を持った彼に会うことが無ければ、僕がこんなに写真に熱中しなかったと思います。
彼との出会いこそが僕の人生を変えたといっても過言では無いと思います。

写真展
2016.5.26 都築雅人さんの写真展「煙情日記5・昭和追憶」パーティーに参加してきました!!
撮影:国鉄時代編集長の山下さん。
写真展
素晴らしいの一言です。
写真展
都築雅人氏 写真展 “煙情日記5・昭和追憶”が開催されました。

キャノンギャラリー銀座 2016年5月26日(木)~6月1日(水)休館日・日祝
キャノンギャラリー仙台 2016年6月30日(木)~7月12日(水)休館日・土日祝
キャノンギャラリー梅田 2016年9月1日(木)~9月7日(水)休館日・日祝

写真展告知の案内はがきからも強烈な個性が放たれています!!
季節がらアジサイの選択も渋いのです。
「都築ワールド」を拝見して正直勉強になりました。

2016.5.22 磐越西線 “8233会” 呑み鉄に参加しました。

鉄
2016.5.22 磐越西線 “8233会” 呑み鉄に参加しました。

今週の僕はなんだかとっても忙しいのです。
磐越西線 “8233会” 呑み鉄に参加や、只見線試運転は現地集合現地解散の集会に参加して、
集団の呑み会が3回も入り嬉しい悲鳴の連続です。

2016.5 東京都35区時代の記憶 「淀橋区」

昭和
2016.5 東京都35区時代の記憶 「淀橋区」

貴方は東京にお住まいですか?街歩きは好きですか?健康管理が必要な年齢ですか?
それでは健康維持のために歩きましょう!!
それは貴方が60代・70代・80代になったときに結果が必ず現れます。
歩くなら目的があった方が楽しみも増えます。
僕の場合は、蒸機・祭・歴史が大好きで、なるべく定期的に歩くようにしています。
そんな、あるジャンルのお話です。

東京の街歩きが好きで、それにまつわる庶民文化や旧町名に興味があります。
例えば「淀橋区」についてです。ここにある住所表記は戦前の右書きです。

淀橋区を簡単に説明します。
1932年(昭和7年) 淀橋町・大久保町・戸塚町・落合町が東京市に編入され淀橋区が誕生します。
東京35区時代の到来です。
1947年(昭和22年) 四谷区・牛込区・淀橋区が合併して新宿区となります。
東京22区時代の到来です。板橋区から練馬区が分離して、現在の東京23区になりました。

つまり「淀橋区」の表記は70年以上前の地名になります。

昭和
2016.5 東京都35区時代の記憶 「淀橋区」

驚いたことに行政が設置した“琺瑯町名看板”を発見しました!!
70年以上の風雪に耐え抜いた“琺瑯町名看板”です。探せばまだまだあるはずです。

現在の新宿区には淀橋の町名は有りませんが、ヨドバシカメラなど淀橋を名乗る建物などが残っています。

2013.5.18 上越線 “孤高の人”

上越
2013.5.18 上越線 “孤高の人”

僕は最近、俯瞰撮影が激減してしまいました。
車で簡単に行ける場所は別として線路端での撮影がほとんどです。
原因はいくつかあります。体力的衰えと、俯瞰撮影の相棒の山本シェフの転勤です。
決して俯瞰撮影が嫌いになったわけではありません。

新田次郎の小説“孤高の人”をご存じでしょうか?
実在した登山家の“加藤文太郎”の生涯を描いた小説です。
“加藤文太郎”は単独行によって数々の登攀記録を残しました。
そして吉田富久と共に槍ヶ岳北鎌尾根に挑むが猛吹雪に遭い天上沢で30歳の生涯を閉じました。

なぜ急に“俯瞰+山”を連想したのかと言いますと、先日ある病院で診察待ちの時間に書棚にある小説
“孤高の人”を何十年かぶりに手に取りました。

そして昔、俯瞰撮影地で何度か会ったNさんの事を突然連想しました。
今でもNさんのブログの画像のほとんどが俯瞰撮影です。
きっと今でも、単独行によって数々の俯瞰撮影地開拓をしていることでしょう。

この撮影地でも日にちは違いますがNさんと会いました。
懺悔岩で遭遇した時は、へばって休憩中の僕を追い越し、ひょいひょいと足早に斜面を登り去っていきましたトサ。

Nさんに聞いてみたい、何故貴方は俯瞰撮影地を目指して山に登るの?
Nさんはきっとこう言うネ!!George Herbert Leigh Malloryの様に「Because it's there
(そこに線路が見える山があるからサ!!)」と・・・。

登れ登れ誰よりも高く・・・。登れ登れ未知なる頂(俯瞰)を目指し登れ・・・。

1996・10 ベトナムで “ミカロ” 発見!!

ベトナム
この頃は海外蒸機撮影の興味は“厳冬エリアの煙”から“蒸機探し”に移行していました。
確かに厳冬期の中国火車の爆煙は魅力的でしたが・・・。

今回のベトナムを訪れた目的は、日本製C12型と日本製ミカロ型の調査でした。
いずれもハノイから100㎞圏内なので、少ない情報でしたが一人で探しに行きました。

ベトナム
“ミカロ1510”の刻印
ハイフォン線で無事に何輌かのミカロを捕らえることができました。

ベトナム
“ミカロ1579”の刻印
しかしせっかく捕らえた“ミカロ”の正体がよくわかりません。現在調査中です。
銘板なんて何もついていません。刻印№1510・1579から“汽車製造”かもしれません。
残念ながら肝心のボイラーの刻印が分かりませんでした。

南満州鉄道か華北交通より、ベトナム戦争時にベトナムへ渡って来たと思います。
中国では“解放6型”と呼ばれ、ベトナムでは“GP6型”と呼ばれていました。
謎だらけの機関車です。


2016.5.11  『福生通信』 №8  “八高線・横田基地付近” 東福生~箱根ヶ崎間

福生
2016.5.11  『福生通信』 №8  “八高線・横田基地付近” 東福生~箱根ヶ崎間
両側を横田基地関連施設の有刺鉄線のフェンスで囲まれている中を走ります。

福生
2016.5.11  『福生通信』 №8  “八高線・横田基地付近” 東福生~箱根ヶ崎間
有刺鉄線のフェンスの内側は治外法権のアメリカそのものです。
WARNING 警告  の赤文字が日焼けで薄くなってます。
フェンスの内側はでは軍用犬のシェパードを連れたMPが巡回しています。


福生
2016.5.11  『福生通信』 №8  “八高線・横田基地付近” 東福生~箱根ヶ崎間
八高線の歴史。昭和33年に横田基地滑走路拡張により八高線の線路移設がありました。
その影響で滑走路の延長線上に離着陸の障害になるので横田トンネル(100ⅿ)を作りました。
平成8年、八高線・八王子~高麗川間の電化により横田トンネルは廃止されました。
今では横田トンネルの側壁だけが残されています。

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -