2013.9.28  三年前の今日へ “上越線・三峰山俯瞰”

上越
今年の初秋は悪天候続きで、こんな大俯瞰はできませんでした。なんだかなぁ~。
たまには肌で風を感じる山にでも登りたいものです。
たとえ画像が“鉛筆ころがし”でも“地形画像”でも・・・。

上越
10月には、山本シェフが東京に戻ってくるし、涼しくなったので一緒に俯瞰に行くことにいたしましょう。
今から楽しみです。

断捨離続行中。
趣味を長いこと続けていると、とにかく“もったいない症候群”がつきまとう。
必要か不必要か、資料かゴミか、日々少しずつ時間を割いておかたづけいたしましょう。

コレクションも整理整頓していなければ、ただのゴミかもしれません・・・。

2016.9.17  『福生通信』 №12 “横田基地日米友好祭2016” に行ってきました!!

台風16号が去って、今度は秋雨前線とトホホな毎日が続きました・・・。
本日は、やっと晴れ間が広がりました、布団でも干しましょうか・・・。

福生
2016.9.17  『福生通信』 №12 “横田基地日米友好祭2016” に行ってきました!!
地元で一番有名なお祭りです。二日間で15万人の入場者があるそうです。
9/17(土)は晴れ時々曇り夜は雨。9/18(日)は曇り時々雨でした。

福生
航空ファンはたまらないね!!展示してある一機一機を丁寧に見て回ります。

福生
皆さん楽しそうです。

福生
こんにちは!!“伊吹吾郎さん”とパチリ!!

福生
さて今日の昼飯は何を食べようかな?ビールを飲みながら店舗を見ながらウロウロしてみます。

福生
やっぱりアメリカ文化のステーキを食います。1400円です。味は良いと思います。
あれもしかして200円値上げしていた!!

福生
僕の個人的好みは“洋上迷彩のRF-4”かな?

福生
米兵の兄ちゃんたち、こんにちは!!お元気ですか?
これからバラシュートで降下するから見物してネ!!
米兵のノリとツッコミはとても日本人はマネできません!!

福生
横田基地所属のC-130ハーキュリーズたちです。
こいつらが、僕の自宅上空をブンブン飛び回り領空侵犯しているのだ!!
まっ、僕は航空ファンだからマアいいか?

先日、オバマ大統領がVC-25(エアフォースワン)で給油の為に横田基地に立ち寄った際は他の撮影の
為、タイミングが合わずガッカリ。再びオバマ大統領が任期中に横田を訪れる日を待っている・・・。
もしかしたら次期大統領のヒラリーでもかまわないが・・・。予測は当たるかな?

何はともあれ、日がな一日ビールを飲みながらブラブラして大変充実した一日でした。 おわり

2016.9.24 大関 豪栄道 幕内最高優勝おめでとう!!

日々
2016.9.24 大関 豪栄道 幕内最高優勝おめでとう!!

今までモンゴル勢の強さにつまらなかった、大相撲が最近面白くなってきた。
苦労して妻がゲットしてきた“豪栄道”のサインだ。

日々
昨年夏の話だ、一水荘の主人から大相撲五泉場所の夏巡業では力士御一行が咲花温泉に分散して
宿泊する情報を得て、一水荘を予約した。

勿論目的は、大好きな力士たちに会い写真やサインをゲットしたいからだった。
当日は磐越西線のC57運行日なので、撮影を途中で切り上げて力士たちを張り込んだ。

各旅館には部屋別の力士宿泊歓迎の江戸文字が躍っていたのだ。
各旅館で、移動のバスの駐車場と宿泊地までの順路を伺うことができたのだ。

本命は大関 豪栄道狙いだ!!(夫婦で豪栄道のファンなのだ)
送迎の大型バスが到着し下車する力士たちを固唾を呑んで目を凝らす!!

豪栄道を発見し、妻と二人で接近する。
妻が「大関!!」と声をかけサインをゲットした瞬間だった!!

大関昇進前からずっと応援してきたのだ。
いつも大関 稀勢の里より懸賞金は少なくあまり人気がなかった大関 豪栄道。

動物好きで東京で捨て猫を拾って実家に預けて成長を見守る豪栄道。
そんなシャイな大関 豪栄道を今後も応援していきたいと思う。
目指せ!次は綱取(横綱)だ!!!

ちなみに僕ら夫婦が今後注目している力士は「宇良」(豪栄道と同じ寝屋川市出身)だ!
レスリング仕込みの身体能力が素晴らしい宇良の活躍を期待している。





2016.9.22 映画「シン・ゴジラ」 短い感想

日々
2016.9.22 映画「シン・ゴジラ」 短い感想
先週やっとタイミングが合ったので映画鑑賞をしてきた。

日本映画のVFXの進化を映画館の大画面で鑑賞してみた。
感想は大変良くできていました。さすが脚本・総監督/庵野秀明さんだけのことはある。
キャストもなかなかのものです。

読売新聞の一面の“地球を読む”に出ていた通りの社会派の大人向け映画だった。
非常時の危機管理対応がテーマというのも、今までの怪獣映画とは異なる。
「この国はまだやれる」 いい言葉だ・・・。

映画「シン・ゴジラ」こそ、日本の政治家全員が見るべき映画である!!

日々
「シン・ゴジラ」にこいつも参加していたな!!

映画「シン・ゴジラ」次回作も期待している・・・。

2016.9.15  「鉄道写真は敷居が高い」にお答えしたい

全国100万人のブログ中毒の皆様へ

僕が良く見に行く鉄ちゃんとは無関係なサイトGR biyori* 4th seasonであるが、過激な発言やスケベな話
にジャンルを超えてシンパシーを感じるのだ。たぶん彼はブログ界のスペシャリストだ!!

彼の疑問である「鉄道写真は敷居が高い」に僕なりにお答えしたい。
あくまでも個人的な見解なので反論は全て無視する。

初めにお断りしておく鉄道写真は奥が深いが、難しくはない。
どれだけ個人が他人に迷惑をかけずに、個人が楽しむことができるかがポイントである。

写真
“編成鉄”
基本中の基本である。この画像は完璧では無いが“編成鉄”の基本サイトがある。
むかし鉄・いま鉄な日々僕が知る限り“編成鉄”を学習するにふさわしいサイトである。
この基本をできてなくてテクに走る必要ない!!

写真
“乗り鉄”
とにかく鉄道に乗って楽しみましょう。
駅弁良し、コンビニ弁当良し、アルコール良し、肩の力を抜いて鉄道を感じましょう!!

写真
“形式鉄”
この画像も完璧ではないが作例として使う。
基本中の基本である。要するに鉄道車両の形態の良く分かる画像である。
解説はくどくなるので省略する。

写真
“俯瞰鉄”
ベテランの鉄ちゃんに多く見受けられる“俯瞰症候群”だ。
俯瞰することによって、周辺の四季や地形が感じられて素晴らしい鉄道情景が造られるし、達成感も抜群である。
但し、意図のない視界不良の俯瞰撮影は見ていて見苦しい。
“俯瞰鉄”は諸刃の剣であり技量の無い鉄ちゃんは検討したほうが良い。

鉄
“絵葉書鉄”
とにかく一般受けが抜群の画像である。僕も良く挑戦する。
釜石線 “ひまわりと蒸機が撮れる撮影地” 撮影者60人。
人数が人数なので譲り合っての撮影である。
この日は不法占拠者や団塊モンスターが不在のためトラブルなし。

人が多く集まる現場では、お互いに相手を思いやる気持ちが必要である。
撮影地で人が集まる場所は、それなりに良い画像が撮れる。

鉄
“望遠依存鉄”
あちきも高校生時代に250㎜レンズを手に入れ、糞画像を量産した苦い経験を持っている。

望遠レンズを所有していれば、誰でも迫力のある画像を手に入れることができる。
但し、所有しているカメラ&レンズのスペックによって残念ながら作品は大きく左右される。

新しく超望遠系レンズを手にした素人がやたら望遠系にはまると、同じような作品の単なる量産に過ぎない。
自己満足から一歩前に進む覚悟があれば超望遠系レンズ使用方法に気が付くはずだ。

鉄
“祭鉄”
こんな楽しみを知っている鉄ちゃんは意外なほど少ない。
ちなみにあくまでも個人的見解だが“祭鉄”の撮影が上手いのはお世辞で良いからほめてくださいぐらいかな。
素晴らしい人の画像を得たいなら、まずは人としてのコミュニケーション能力が問われる。

人物の上手い画像を手に入れたければ、己の人間力を磨くしかないのだ。
人物撮影は広角から標準レンズが望ましい。
望遠での人物撮影は単なる“盗撮”に過ぎない。
素晴らしい人物描写の9割以上は広角から標準レンズによって表現されているのだ。

鉄
“ホーム鉄” 烏山線、滝駅。 
誰でも撮れる、これから自分が乗る列車にカメラを向ける。
こんな平日のローカル駅ですら、5人がこの列車にカメラを向けていた。
これも基本中の基本である。

鉄
“通学情景鉄①”二人の男子高校生が邪魔だ。
僕は、古今東西の“通学風景”を撮るのが大好物なのだ!!
通学中の女子高生の皆さんは“スマホ依存症”注意だ。
いつから日本の通学風景がスマホ通学になってしまったのだろう?

鉄
“盗撮”ちがうんや、“通学情景鉄②” あれ?カメラの誤作動?メーカーにクレーム入れなアカン!!
これも鉄道写真や。
GR biyori* 4th season 様。が得意としそうな画像です。いかがですか?

写真

“記撮鉄” 
蒸機撮影に行き、チャンスを探すのは難しいがこんな画像も楽しいのだ。
但し、これも友人の乗務員がいればこその画像だ。

いかがでしたか? GR biyori* 4th season 様。 
「鉄道写真は敷居が高い」は、決して高くはありません。
但し、鉄道写真はジャンルが多岐にわたります。
専門性が高ければ高いほどオタ度がUPします。どこのジャンルの趣味の世界でも同じです。

いかなるジャンルの趣味であれ、基本はどれだけ楽しめたかだと思います。
個人プレイより、友人がいると“楽しめ度”は必ずUPします。

GR biyori* 4th season 様。 の感性での鉄道写真のUP楽しみにしております。

東京オタッキーズ代表より。よろぴくです!!

2016.9.15 “今日の夕張線”山本シェフからの便り

夕張
山本シェフから41年ぶりに夕張へ行ってきたと連絡がありました。

やぁ~っ。話には聞いていたが、これほどまでに変わっちまったのか!!
夕張・鹿の谷・清水沢あたりをうろうろしてきたが・・・。
懐かしいと言うよりこれが“炭都夕張”・・・。言葉がない・・・。
夕張駅は移設され終着駅の旅情すらない!なんだこれは状態。旧夕張駅の痕跡すらない!!

鹿の谷&清水沢はゴーストタウン・・・。

夕張
あちきがD51を俯瞰撮影したボタ山も健在でした。

夕張
あの紅葉山駅は新夕張になったのだから、もっと活気があってもいいのでは?

夕張
清水沢駅、あの広かった構内は棒線化されてしまった。
昭和50年の最後の秋に寝袋で寝た、思い出の跨線も消えていた。

夕張
なんだかなぁ~っ。窓に板が打ち付けられ、これでは廃駅のイメージだ。

夕張

昨年の12月24日。現役蒸機最後を見送った40年後の夕張の地で“リリーズ”にお会いしました。
夕張線が2017年3月廃止予定かどうかわかりませんが、機会があればもう一度“ユーパロの谷”を
ゆっくりと散策したいと思う今日この頃です・・・。 おわり

2016.9.14 田中和義氏写真展 「月下清影」オープニングパーティに参加してきました!!

写真展
友人の 田中和義氏から、写真展 「月下清影」オープニングパーティに来ませんか?
招待状を頂きましたので、喜んでオープニングパーティに参加してきました。
田中和義氏いわく、確か以前は大崎にお住まいでしたよネ?
ハイ。東京郊外の福生に引っ越しました。
招待状の住所間違いなかったですよネ。ハイ。東京郊外の移転先に届いていました・・・。


写真展
こうして銀座の夜は更けていきます。
ここは銀座写真展の聖地です。

写真展
オープニングパーティ後は、銀座を徘徊して帰宅しました。
1年前は銀座から自宅まで僅か20分でした。
今は銀座から自宅まで90分になりました。

銀座は遠くになりにけりてなもんです・・・。
ちなみに、本日の月齢は12.7(中潮)です。

2016.9.3 足尾歴史館 ③

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ③
ディーゼル機関車・動態保存
加藤製作所・推定昭和16年頃製造・4トン・610mm

キャブにさりげなく描かれた“山一マーク”の由来は

元々は、古河市兵衛が明治10年に長年営んできた生糸業を廃し、鉱山業に専念することを決意
した時に作られたマークです。その信条は「鉱業専一」と言われ、その後、足尾銅山を日本一の
銅山にまで発展させました。
当初からさまざまな技術革新で成長し続けてきたことから、転じて現在では、技術革新のトップ
リーダーとして社会に貢献していくことを志向しています。

尚、古河電工としてはヤマイチマークを1929(昭和4)年に商標登録しています。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ③
ガソリン機関車・静態保存
渡邊興助商店・推定昭和7年頃製造・3トン・610mm

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ③
ガソリン機関車・動態保存
森製作所・推定昭和20年代製造・4トン・610mm

こんな機関車たちを見ているだけでワクワクします。

2016.9.3 足尾歴史館 ②

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ②
足尾銅山馬車鉄道という呼び方が正しいのか?
足尾銅山坑外軌道の呼び方が似合っているように思う。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ②
昭和29年廃止だそうだ。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ②
埃っぽい街中の軌道を見てみたかった。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ②
足尾銅山の鉱夫たち。
第一次産業の鉱業を支えてきた人々たちだ。

2016.9.3 足尾歴史館 ①

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ①
本日の最大の目的は「足尾歴史館」で公開される、フォードガソリン機関車の走行を見ることだった。
運転日は基本的に毎月第一の土日に行われることが多い。
詳しくは「足尾歴史館」のHPを確認するとよい。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ①
撮影場所はワンパターンだが、選べば広い画角でも撮れる。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ①
足尾銅山資料館も併設されており見るものもたくさんある。
レストア中の車両も見学できてナロー好きにはたまらない場所である。

ナロー
2016.9.3 足尾歴史館 ①
乗り心地もまずまずです。楽しかったなぁ!!
また別の機関車が動くときに来たいと思う。

足尾歴史館では“ナローの大家”である須永さんに大変お世話になりました。 
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -