2016年も皆様に大変お世話になりました!!それでは良いお年をお迎えください!!

日々
2016年も皆様に大変お世話になりました!!それでは良いお年をお迎えください!!

日々
2016年も皆様に大変お世話になりました!!それでは良いお年をお迎えください!!

2016.12.30 “6788会”今宵は“渋谷パンダ”にてくだをまく!!  

鉄
2016.12.30   “6788会”  今宵は“渋谷パンダ”にてくだをまく!! 
渋谷駅前スクランブル交差点で“平野ノラ”さん発見!!
「しもしも~?♯OKバブリ~?」???よく見ると赤いコートの外人でした!!
 
鉄
以下がダイジェスト画像です!!

鉄

鉄

鉄

鉄

鉄
18時から始まった宴会も、気が付くと23時を過ぎています。そろそろ帰宅いたしましょう。

鉄

鉄
なんとか終電の一本前で帰宅しました。  おしまい。

2013.12.23  秩父鉄道 “影絵の荒川橋梁”

秩父
2013.12.23  秩父鉄道 “影絵の荒川橋梁”

品川区から福生に引っ越してきて1年弱が経過しました。
やっと二度目の正月を迎えます。

相変わらず趣味の蒸機撮影は続けていますが撮影頻度が減った気がします。
引越しで秩父鉄道と上信越線だけ近くなりました。とりわけ秩父鉄道は自宅から車でも電車でも1時間強で
撮影地に到着します。電車なら徒歩鉄で上下2本だけ写して酒飲んで帰宅するパターンです。

秩父のローカルフードが大好きです。秩父エリアでは宮司・神職・神楽会・祭人・秩父市議会議員まで友達の
輪が広がったのです。来年も頻繁に秩父に通うことになるでしょう。

2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。

名取紀之さんの超人気ブログ「編集長敬白」が本日付で終了しました。
僕も名取さんのファンのひとりとして、日々職場や自宅で「編集長敬白」を見るのが楽しみでした。

そこで名取さんがらみの記撮を探してみましたら、ありました!!
1992.11.15 大井川鐵道・福用駅での撮影ですから今から24年前のお話です。
七人のおっさんたちは、皆さん楽しそうですね!!すでに永野先生はビールをいただいています。

旅行の目的は、イギリスから千葉にMr.Ted(テッド)が引っ越してきたので、僕が鉄ちゃん友達に紹介する
ために、みんなで新幹線に乗って大井川にC11を撮りに行きましょうでした。  
僕が初めてMr.Tedにお会いしたのが1989年1月の蘭新線“烏鞘嶺”でした。

この時のブログ記事 
"1989.1 中華人民共和国 蘭新線 “烏鞘嶺” 英国人鉄ちゃんたちと遭遇"をご覧くださいませ。

ちなみに「編集長敬白」でもMr.テッドが何回か登場しています。検索してみてくださいませ。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。
僕は名取さんに続編と1972年九州の旅をリクエストしましたが叶わぬ夢となりました。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。

名作。32年前の“今日”へ  1974年 北海道の旅
何度も何度も読み返しました。当時の名取さんはコカ・コーラが大好きのようでした。
この名作は元祖“トレインスポッター”的な要素が大量に含まれています。メモ魔に間違いありません!!

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。
僕のレイルマガジンでのデビュー作は1990年の85号からです。

鉄
2016.12.28  「編集長敬白」の終焉。
World Steam Report 2 からでした。以後、海外蒸機の記事で何度も掲載されました。
“灼熱のインドにナローの聖地を求めて”この時に7ページも掲載されて有頂天になりましたとさ!! 

ある日。世田谷区桜新町にあるレイルマガジンの編集部を名取さんに会うために行きました。
インドのナロー蒸機の画像を見せて掲載の要望を伝えました・・・。
名取さん曰く、画像は良いがデータが足りなすぎます。再調査して出直して下さい。

そこで友人のMr.Tedに相談してインド蒸機のバイブル本があることや、CRJ編集長Mr.L.Kingを紹介してい
ただきました。その後にインド蒸機に詳しくなりました。
再編集後に、インドのナロー蒸機の記事をレイルマガジンの編集部に作品を持ち込み、
そこでやっと名取さんのOKがでて“灼熱のインドにナローの聖地を求めて”が掲載されました。

それまでの海外蒸機撮影は、まずは走行写真撮影することを重視していましたが、名取さんと会ってからの
海外蒸機撮影は、まず機関区や駅で形式写真撮影と調査を行ってから、走行写真を狙うようになりました。

本日は何とか年賀状を完成させ郵便局に持ち込みました。
明日からは大掃除を始めましょう!!                  

名取紀之編集長(編集局長)へ、永い間おつかれさまでした。
鉄道趣味の指針を伝授していただきありがとうございました!!  おしまい。

2011.12.24  信越線“横川への路” 

信越
2011.12.24  信越線“横川への路” 

以前の信越線蒸機運行は下り列車が蒸機牽引でした。今は上り列車が蒸機牽引です。
従いまして撮影日数が極端に減ってしまいました。
2017.2.25には信越線・蒸機プッシュプル運転が予定されています。今から楽しみなイベントです。

2016.12.25  仮称「西東京呑み会」忘年会!!国立・どんぐり、にて!!


鉄
2016.12.25  仮称「西東京呑み会」忘年会!!国立・どんぐり、にて!!
今年の早春・釧網本線C11撮影のメンバーが国立に集合しました!!
本当は呑み会の名称を決めたいのですが・・・。なかなか呑み会のネーミングが決まりません!!
とりあえず仮称“西東京吞み会”にとりあえずしておきます。
どこまで友人の輪を広げていいのかすらもわかりません!!
キーワードは現役蒸機時代に現地にて貧乏旅行を体験したもの同志たちの集まりです!!

鉄
2016.12.25  仮称「西東京呑み会」忘年会!!国立・どんぐり、にて!!
さかさまですが隠れ屋的にいい感じです!!

鉄
2016.12.25  仮称「西東京呑み会」忘年会!!国立・どんぐり、にて!!
D氏が会計時にダイスを振りダイスの目によって次回の割引が決まるそうです!!

鉄
2016.12.25  仮称「西東京呑み会」忘年会!!国立・どんぐり、にて!!
ダイスの目のイチの目が四個並んだら次回の支払いが半額になるそうです!!
ダイスを振ってD氏もびっくり!!なんとイチの目が四個並びました!!確率はなんと1296分の1です!!
奇跡的に見事大当たりです!!

鉄
2016.12.25  仮称「西東京呑み会」忘年会!!国立・どんぐり、にて!!
店員の幸子さんもびっくり!!お店を開店してから初めての大当たりだそうです!!

てなわけで“現役蒸機趣味の延長線上”で今宵も楽しく飲めましたとさ!!
皆さんも、古い友達や、シンパシーの合う友達は大切にしましょうヨ!!このブログを見ているあなたへ!!

新年会も国立・どんぐりにて行います!!  おしまい!!

2016.12.23 今年の蒸機撮り納めは“信越線蒸機夜行”に決定!!

信越
2016.12.23 今年の蒸機撮り納めは“信越線蒸機夜行”に決定!!

こんなあちきでも年末は何かと忙しいのです。深夜まで酒を飲みブログ更新前に爆睡してしまいました。
クリスマスイブにはオランダやイギリスの“鉄友”から「Merry Christmas」のメールが何件か届いていました。
よくよく考えてみると、あちきはキリスト教ではないし「Merry Christmas」は関係ないと思いますが・・・。
もし関係があるとすれば“クリスマスイブの6788ㇾ”だけだと思います・・・。
しかし昨夜は不覚にも“ローストチキン”を酒の肴に飲んでいたのです。

信越
2016.12.23 今年の蒸機撮り納めは“信越線蒸機夜行”に決定!!

この撮影地はなかなか手強い撮影地なのです。架線やポールがかなり邪魔です。
この日はこの撮影地に5人しかいませんでした。
隣にいた方は、ブログ「不完全燃焼」ikaringさんだったことを後で知りました。
なかなかセンスの良い画像をUPされています。

信越
2016.12.23 今年の蒸機撮り納めは“信越線蒸機夜行”に決定!!

実はこの日はかなりハードな撮影でした。
秩父のC58の撮影をし、次に藤岡で“昭和のドライブイン”の撮影をしました。
最後に信越線D51夜行の撮影に向かいました。
横川発車の撮影後はダッシュで、ロケハン済みの安中丘陵の藪の中の貫けへ・・・。
時間的にはかなり厳しかったのですが、三脚にカメラをセットしたとたんに安中発車の汽笛が聞こえてきました。
障害物がかなり多い撮影地ですが、暗闇が全ての障害物を見事に隠してくれてくれました。
久しぶりの“会心の絵”でした・・・。いつかまとめて発表します!!

信越
2016.12.23 今年の蒸機撮り納めは“信越線蒸機夜行”に決定!!

この古い自動販売機には昔大変お世話になりましたとさ。

信越
2016.12.23 今年の蒸機撮り納めは“信越線蒸機夜行”に決定!!

最後に妻のリクエストで前橋の“七福の湯”で浮世の汗を流してから深夜に無事に自宅にたどり着きました。

めでたしめでたし。 おわり。

1975.12.24  41年前 と 昨年の今日へ。

夕張
1975.12.24  41年前の今日へ。
毎年クリスマスイブになると、41年前の夕張駅での出来事を思い出すのです。
18歳(高校三年)の僕は最後の国鉄蒸機牽引列車を見送る為に夕張へとやって来たのです。
その時体験したD51241牽引6788ㇾの発車の汽笛と光景は一生忘れることはないでしょう。

夕張
1975.12.24  41年前の今日へ。
最後のD51241牽引6788ㇾの夕張駅のセクションを1/87で表現してみようと計画しております。とりあえずModels IMONでD51241とセキは購入しましたがヨはいまだ入手しておりません。
巨大ホッパーの作り方も勉強しなければなりません。夢まで少しずつですが確実に近づいています。

夕張
1975.12.24  41年前の今日へ。

夕張
2015.12.24  昨年の今日へ。
昨年の今日は、奥井さんの手配で見事にリリーズとリリーズが生まれ育った夕張線・清水沢でお会いすることが出来ました。
夜は井門さんの企画でゆうばりホテルシューパロのリリーズのディナーショーにも参加しました。
そのあとのサプライズはに昭和の香りが漂うスナックみやさかでリリーズと一緒に酒を呑めたことも大変良い思い出になりました。こんな面白い企画を立案し成功させた井門さんに感謝します。

夕張
2015.12.24  昨年の今日へ。
2019年に廃止が予定されている夕張線にもう一度出かけて見ようと思います。

2006.12.23  10年前の今日へ。 

日々
2006.12.23  10年前の今日へ。

2006年の12月に、初めてLUMIXのコンパクトデジカメを導入してみました。

当時は、キャノンEOS-1とペンタックス6×7のフイルムカメラが主力でした。
10年前の新年会をLUMIXのコンデジで撮影してみると、2カットだけ白い奇妙な球体が沢山映り込んでいました。
この球体の正体が“オーブ”だと後で知りました。
果たして霊現象なのか?デジカメ特有の電子的現象だったのでしょうか?この呑み会の解散直後にここに
写っている女性の一人が店の階段から転落して病院送りとなりました(腕の骨折)・・・。
この時の“オーブ”は何かの警告だったのでしょう・・・。

10年前を回想すると、僕は欲望渦巻く大手B企業の企業戦士でした。魑魅魍魎が跋扈する世界です。
当時の出向先はアホのM・O君によってパンクした現場のテコ入れでした。勤務地は習志野市茜浜の
大手通販会社SC内にある我が社の出張所へ現場が回復するまで、大崎から茜浜まで電車とバスを
乗り継いで一日往復で3時間30分以上通勤時間に費やしました。勤務時間も長時間労働に及びました。
全ては業績給という美辞麗句のためでした。

労基に詳しい方なら“36協定”をご存知ですね。我が大手B企業には関係ありません。
何しろ“労組”が存在しませんから。(正社員3万人以上の大企業です!!
関連系従事者を含めれば8万人以上の超大企業です!!)

大手B企業の“電通”の自殺問題なんて・・・。その点、我がB企業の社員はフィジカルエリート軍団
(脳内筋肉集団orアホ軍団)です。当時のB企業は仕事はキツイけど金は出す!!
僕にとっては素晴らしいB企業でした。金を稼げるのでしたら喜んで魂も売ります!!
金を稼げるなら喜んで汚れ仕事もやります!!。退職した今、良くB企業時代の悪夢を見ます。

僕の退職時の文言は「こんなアホの僕でもS社のおかげで大変お金を稼がせていただき、
一般人が体験することのできない社会勉強までさせていただき、僕の人生の目標まで達成することが出来ました。
これもひとえに今は亡きKS社主のおかげでございます。ありがとうございました。」です。
そして念願の兼業○○○から専業○○○になったのです。あっ~すっきりした!!
なんだか今夜も悪夢を見そうな予感がします・・・。おしまい。

2015.12.23  釜石線 “プレーリーに乾杯!!”

釜石
2015.12.23  釜石線 “プレーリーに乾杯!!”

形式C58。アメリカ式:プレーリー、ホワイト式2-6-2、日本式1C1の非常に地味な機関車です。
現役当時は、わざわざC58目的で撮影に出掛けたのは石北本線の“大雪くずれ”ぐらいでした。

現代では、釜石線のC58239と秩父鉄道のC58363が活躍しています。

今から思うと現役当時は名脇役(Vibe layer)のC58を少し軽視していたのかもしれません。
こうしてサイドからのシルエット狙いでは美しい細身のボイラーが際立って見えます。
もしもJR北海道がJR東日本に統合されたあかつきには2台のC58を道東で走らせていただきたいのです!!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31