2017.2.28 日々雑感 「知らない街を歩いてみたい」

日々
2017.2.28 日々雑感 「知らない街を歩いてみたい」
まるで永六輔氏の“遠くへ行きたい”の完全パクリだな・・・。

近年は、国内の復活動態保存蒸機ばかり追いかけているせいか特定の街しか訪れていない。
原点回帰主義は、住居までも帰巣本能に従ってしまったのだ。
原点が八高線のD51745の撮影から始まったのだから仕方がないかもしれない。

青春18切符の発売される春になったら、
カメラ一台ぶら下げてどこかのローカル線を尋ねてみようと思う。
あちきは元来乗り鉄ではなかったので新鮮でいいかもしれない。
切り取る画像ではなく、見たままの画像に久しぶりに挑戦したくなったのだ・・・。

2017.2.27 日々雑感 「昨日見た夢」

日々
2017.2.27 日々雑感 「昨日見た夢」

レム睡眠とノンレム睡眠と夢との関連性は所説様々だが、とにかく夢を見るのだ。
それも“線路端”にいる夢をよく見る、たぶん旅の断片的な記憶の延長線上にあるのだろう。
決まって極端な気象条件だ。暑いか寒いかだ。
しかも結構リアルで楽しいのだ。ただし必ずフィルムカメラのシャッターが切れない・・・。

昨日も天気が良かったが朝から♨でまったりと過ごす・・・。
♨で週間予定を反復しアイデアを絞る。ていたらくな生活だな。

電車で拝島→羽村→立川→拝島と多摩地区ローカルで用事を済ませて、
せっせと本日の打ち合わせの準備に余念がない。

2017.2.26  日々雑感 「鉄道写真」

日々雑感
2017.2.26  日々雑感 「鉄道写真」

「鉄道写真」って何?そんなに魅力的なの?

あちきも今年で、半世紀も「鉄道写真」を飽きもせず撮影し続けているのだ。
基本的には蒸機メインの撮影だが、時々脱線して浮気(寄り道)をしてしまう。
時には一人で、時には鉄仲間とワイワイガヤガヤ・・・。

昔は、このレールの先に何があるのだろう?北海道・四国・九州と・・・。
憧れていたな。一通り日本全国を巡ってからは気に入った土地に集中的に通ったな。
人との触れ合いも楽しかったし、発表することのできた作品たちは愛おしかったな。

翻って現代。
何か?なんだか上手い言葉で表現できないが、何かを忘れている気がする・・・。
撮影手法しかり、ズームレンズに頼り過ぎた己の表現力のマンネリ化に・・・。
チョット立ち止まって考えてみようと思う。
短焦点レンズ(28mm)持ってこっそりひっそりと一人で出掛けてみようか?
もしかしたら、何か忘れていた大切な事を思い出すかもしれないのだ!!

2017.2.25  日々雑感・写真展はいいよなぁ~!!

釜石
2017.2.25  日々雑感・写真展はいいよなぁ~!!

もうすぐ3月に突入します。春を待つ。春が来る。山菜の天ぷら食いてえなぁ~!!
テレビを付ければ、どうでもいい某国(キチガイ独裁国家)の暗殺テレビニュースばかり・・・。
あげくのはてには韓国の陰謀とほざいているのだ!!はっきり言ってアホか!!

足立区・北区の連続放火魔も捕まってよかったよかった。
プロファイリングどおりに、放火先の近所に住んでいたのだ。

最近、乾燥注意報が続いている。
先日の強風の日に自宅から200m離れた民家が全焼した。火柱が30mは上がっただろうか?
自宅屋上からひやひやしながら見ていたのだ。まさか糸魚川の再来・・・。
消防車が10台以上が、やって来て類焼を食い止めたのだ!!やっぱ消防署は頼りになる!!

あまりにも不自然なアスクルの大火災。物流業界に超詳しい、あちきに言わせてもらえば。
新型の超大型物流倉庫の防災担当者のコメントが発表されないのは不思議すぎるのだ!!
防災センターだってあるはずだし、いったい防犯(内部監視)のカメラ何台設置されているの?
防災訓練は定期的に行われているはずだ。
火災原因は只今調査中?何故、監視カメラの映像を公開しないのか?担当警備会社は?
初期火災発生時に防災担当は何をしていたの?設置されている消火器の使用は?
火災保険の入ってるでしょ!!もうすでに原因はわかっているはずだ!!
何か大きな知られては困る事実が隠されているのでしょう・・・。

写真展
2017.2.25  日々雑感・写真展はいいよなぁ~!!

写真展の案内はがきが来るたびに思います。メールよりアナログ的なハガキに親しみを感じます。
案内はがきのデザインや紙質もポイントです。どなたが撮影した画像を使っているのかな?
○ 三道嶺か、とうとう行けなかったな。だけどこのはがき中国鉄としろうの絵面だ!!
○ ほのぼの雰囲気!!いいよなぁ~。○ 新夢が丘大俯瞰のDE10orDE15牽引の軌道試験車。行きてえなぁ~。
合同展の参加者はどなたかな? 楽しそうだな・・・。

なんだかんだで、あちきも写真展やりたくなってきました。  おしまい

2017.2.24  国鉄型動態保存の聖地「高崎車両センター」

上越
2017.2.24  国鉄型動態保存の聖地「高崎車両センター」

構内燈が点燈し始めた時間帯なのでいささか暗い。ちょうど信越線で使われたC61+DD51が帰区したばかりだ。
あちきたちおじさん世代は「高崎車両センター」より「高崎第二機関区」の呼び方の方が通りが良い。

上越新幹線開通によって撤去されてしまった「高崎第一機関区」の扇形庫を移築できていれば・・・。
例によってたられば話だが「高崎車両センター」も見学しやすいスペースがあれば良いと思う。

動態保存の国鉄型のSL・DL・ELに旧型客車や12系も貴重です。
よくぞ集めたとJR東日本に感謝します!!
貨車も今のうちにかき集めれば面白いと思いますが・・・。期待しましょう!!

2017.2.23 「EF64国鉄色」 礼賛!!

上越
「EF64国鉄色」 礼賛!!

国鉄色はなんと美しいことだろう!!何か見ていてほっとするのだ!!
国鉄色は日本の美しい四季に見事に良く似合うのだ!!
国鉄色は価値がある!!あちきは、そう信じて疑わないのだ!!

絶滅危惧種になってしまった国鉄色を見に行こう!!

2017.2.19 「2017 青梅マラソン」 取材!! 神野大地を応援する!!

祭
2017.2.19 「2017 青梅マラソン」 取材!! 神野大地を応援する!!

正直当日早朝ギリギリまで、真岡重連か青梅マラソン撮影に悩みました!!
結果は青梅マラソン撮影に軍配が上がりました!!
しかも現場では偶然にも取材に来ていた都築さんとバッタリ遭遇しました。
偶然とはいえ蒸機の現場ではなく、青梅マラソンの現場でお会いするとはビックリです!!

これも、あちきのテーマの“祭”にほかなりません。

祭
2017.2.19 「2017 青梅マラソン」 取材!! 神野大地を応援する!!

撮影現場では神野大地狙いで構えるも、突然走って現れた“ババア二人組”の立ち入り禁止区域へ乱入に
翻弄され、急遽アングル変更する。
結果、ピントはゼッケン9のチェルティビン・エゼキエをロックオンで撃沈の情けなさ・・・。
この時もしかしたら彼の優勝を先読みしていたのかもしれない・・・。

折り返し地点までは、1位神野大地、2位ギザン・マイケル、3位チェルティビン・エゼキエル。

成績は、1位チェルティビン・エゼキエ、2位ギザン・マイケル、3位神野大地。でした。

“神野大地”凄い名前だ、まるで走るために生まれてきたようだ!!
2020年の東京オリンピックは“金メダル”をきたいしているのだ!! おしまい

2017.2.20  春よこい・・・。

上越
2017.2.20  春よこい・・・。

そろそろ近所でも梅の花が咲き始めました。
浜離宮の菜の花も満開ですし、河津桜に偕楽園の梅が春を伝えています。

さてさて3月からの撮影計画でも練ることにいたしましょう!!

週末は信越線プッシュプルを撮影に出掛けることにします。

最近のブログ閲覧に異変が発生しています。
ジャンル違いの閲覧が急増して嬉しい悲鳴です!!
何のどんな画像にヒットしたかわかりかねますが?
特に女性ブロガーの閲覧が嬉しいネ!!

2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下

夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
あの夜行列車独特の、郷愁や憧れは忘れることがありません。

夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
こんな夜行列車特有のざわついた感じが好きです!!

夜行
2017.2.19 “ある夜行列車の記憶” 下
あちきの最後のB寝台の記録は2015年の急行「はまなす」でした。

遂に583系の“廃止”のアナウンスが・・・。
4月8日(土)秋田⇔弘前 「さよなら583系」が運転されます。何とか保存できないものでしょうか・・・。

叶わぬ夢ですが、周遊券を握りしめ連日の夜行列車の硬い椅子に揺られながら旅した時代を
もう一度体験したい・・・。

もしも、この国の夜行列車の疑似体験をするのであれば、アジアに出掛けねばなりません。

2017.2.18.  週末は、いずこへ

上越
画像は何の脈絡もないご存知“水上発車”です。

昨晩、聞きなれない大きなローター音が我が家上空を侵犯して横田基地に着陸していきました。
もしやオスプレイかと思い目視しましたが特徴ある緑と赤のライトが無く勘違いでした。

昨日は東京で“春一番”が吹きました。
“春一番”を感じながら入浴した露天風呂の気持ち良かったこと・・・。
アスクル大型倉庫の火災が気になります。
事の顛末は内部犯行になることでしょう!!

週末は久しぶりの趣味の撮影です。
天気と相談して東へ行くか西へ行くか悩んでいます・・・。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -