早春の明治村紀行 その2 とうきゃうえき入線

明治村
早春の明治村紀行 その2 とうきゃうえき入線

なんだかなぁ~。まったりしているなぁ~。いい感じだなぁ~。
小型蒸機を見ていると、インド蒸機を追いかけていた遥か80-90年代を回想するのだ。

あの頃のナローのインド蒸機は線別に雑多な蒸機が走っていて見るものすべてが新鮮だった。
ちょうど動力の近代化の最中で行ってみたらDL化なんて場面も一度や二度では無かったのだ。
ここ明治村では、そんなイメージでシャッターを切った。

先日、品川530博士のミヤンマーの画像に思わずコメントを入れた。
しかも、メータ―ゲージを間違えて1067mmと入力してしまうミスを犯してしまったのだ。
自分の目で見てきたことを間違える有様に苦笑している。

どんな些細なことでも、改めて復唱の大切さを思い知ったのだ。 おしまい
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -