2017.3.18 青春18きっぷの旅 その1 上越国境

18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その1 上越国境

ご存知。川端康成の『雪国』の冒頭です。

『雪国』は「国境の長いトンネルを抜けると雪国であつた」という書き出しで始まる。
この「国境」の読み方には「こっきょう」とするか「くにざかい」とするか諸説ある。
一般的に、リズムを優先する説は「こっきょう」、
意味(国家と国家ではなく、日本の地方と地方の境という意味)を優先する説は
「くにざかい」と読むとしている。

ただし、著者自身は、「こっきょう」でも「くにざかい」でもどちらでもよいと述べているようです。

18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その1 上越国境

上越国境 を知る方には、いちいち説明はいたしません。
18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その1 上越国境

3月と言えど、結構残雪はあります。
90年代に“特雪”を撮影した現場が眼の前に展開するのですからたまりません!!
182017.3.18 青春18きっぷの旅 その1 上越国境

青春18きっぷを使って旅に出ました。
EOS6D+28mmの旅の始まりです。

イイでしょう!!今回はあちきの大好きな、蒸機もナローも出てきません。
あちきの大好きな、ローカル線や、出来れば人々との触れ合いがしたいのです。
全てが乗り鉄ありきです。

そして本当の目的地は“長岡呑み会”なのです!!

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -