新緑と蕎麦と琺瑯看板を求めて・奥多摩・古里(こり)ハイキング 

日々
日々
新緑と蕎麦と琺瑯看板を求めて・奥多摩・古里(こり)ハイキング 

自宅から青梅線に乗って僅か50分で、緑豊かな土地に到着します。

日々
日々
日々
日々
日々
隠れ屋“丹三郎”で、蕎麦とタラの芽の天ぷらを頂きます。実に美味い!!満足です!!
平日なのに行列でした。僕が午前最後の客となりました。

日々
途中では、廃な光景に出会ったりします。

日々
日々
40年以上前の琺瑯看板は青梅線の線路のそばにありました。 おしまい

来週から長野・新潟・福島を巡る、鉄なカメラハイクに出掛ける事にいたしましょう。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -