2017.5.14 長野・新潟・福島 カメラハイク 序章

 カメラ
2017.5.14 長野・新潟・福島 カメラハイク 序章

ここ数年の間に、広田さんと何度か呑む機会がありました。
とある呑み会でのお話です。
広田さんから、今度一緒に鉄道撮影に行きましょう!!なんと光栄なお誘いがありました。

数か月後に、いくつかのプランを提示して今回の長野・新潟・福島 カメラハイクが行われたわけです。

カメラ
2017.5.14 長野・新潟・福島 カメラハイク 序章
長野県に一台だけ現役のボンネットバスが存在します。

カメラ
2017.5.14 長野・新潟・福島 カメラハイク 序章
何十年振りでしょうか?桜沢俯瞰に来てみましたが景観と車輛が変わっていてビックリです。

 カメラ
2017.5.14 長野・新潟・福島 カメラハイク 序章

広田さんと、以前にも何度か一緒に撮影する機会に富まれました。
古くは1975年まで遡ります。

今回は、あちきの企画で、広田さんをご案内いたします。
そして今一度“鉄道写真”について、己自身に問いかけてみようとする試みです。
これは限られた極少人数でのプライベートなカメラハイクです。
今後の展開はいかに・・・。        つづく
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -