FC2ブログ

Episode 2 ―鉄道少年最後の夏・42年前の今日へ― 第6日目 「少年Hとの出会い」

北海道

Episode 2 ―鉄道少年最後の夏・42年前の今日へ― 第6日目 「少年Hとの出会い」

覚えていますか、蒸気機関車が最後の輝きを放っていた、あの夏の日々のことを・・・。

昨晩、滝ノ上駅貨物ホーム跡で、練馬と世田谷から来た高校2年の、少年H・T・Kの三人組と会った。
その場で意気投合し、仲良く一緒に自炊して、星空の下で寝袋にくるまった。
頭のすぐ横を、地響きと共にD51牽引の重量貨物列車が通過する。
こんな迫力は今まで経験したことが無かった。

妹尾河童の自伝的小説の少年Hのお話では断じてない。
 「少年Hとの出会い」によって、旅を楽しく続けることが出来たのだ。
少年Hは終止明るく、ムードメーカーだった。剣道をやっているだけあって声がでかい!!

北海道

8月21日(木)晴れ
滝ノ上、紅葉山付近にて「少年H」グループと一緒に5人組となって撮影した。
列車には乗らず、徒歩とヒッチハイクで撮影する。
本日の宿泊地は、5人で仲良く紅葉山貨物ホーム。

現地で会うSLファンたちは、何だか高校生が多かったな。もちろん大学生や中学生もいたけど大人たちは目立たなかったな。
だいたい大人の駅寝は恥ずかしくてできないだろう。大人たちは1975年の春に、最後の雪と蒸機を撮影して終了しているはずだ。

鉄道少年最後の夏は「ガキ鉄天国」になっていた・・・。

続きを読む

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -