FC2ブログ

Episode 2 ―鉄道少年最後の夏・42年前の今日へ― 第13日目 「7人で帰郷・それぞれの道」


北海道

北海道
Episode 2 ―鉄道少年最後の夏・42年前の今日へ― 第13日目 「7人で帰郷・それぞれの道」
青森の桟橋で感傷的になってしまった・・・。

北海道
青森駅でスナップ

8月28日(木)
室蘭18:30 → 24:00 函館 0:40 → 青森4:30 摩周丸(青蘭連絡船・便名不明)
青森7:10 → 盛岡10:34 112D 急行しもきた 盛岡12:20 → 上野20:34 214M 急行もりおか2号

―1975年8月・鉄道少年最後の夏― 旅の感想

12泊13日。内訳は車中泊1日、連絡船泊1日、旅館1泊、駅寝9泊。
夜行列車連泊移動に比べれば駅寝でぐっすり眠れて睡眠不足はなかった。
何よりも感激したのは、蒸機のブラストや汽笛を聞きながら寝袋にくるまったことだ。
自炊中心の食生活なので栄養不足で痩せて帰宅した。

一番の思い出は、同世代の多くの鉄ちゃんと“大好きな蒸気機関車”と一緒に遊べたことだな!!

みんなそれぞれに言ってたな!!
蒸機が無くなったらどうする・・・?

あちきは、旅の面白さが忘れられずに旅を続けるだろうな・・・。
A曰く、ブルトレや旧型の電機かな・・・。
B曰く、俺はSLファンはやめるな。たぶん全く違うジャンルを探すな!!今はよくわからないけど・・・。
C曰く、日本の祭かな・・・。いいと思う!!
その他、まだよくわからない・・・。

でも、この夏北海道で楽しかったな。それでよかったと思う・・・。

北海道

若き日の山本シェフは“ゆでトウモロコシ”を食べている。
そう言えばこのネガどこに行ってしまったのだろう・・・。
思い出はセピア色・・・。


「暑かったけど・・・短かったな・・・鉄道少年最後の夏・・・」
稲村ジェーンの決め台詞に、なんだかそっくりだな?わかる?
今頃、、みんなはどんな人生を歩んでいるのだろう・・・。

                        おしまい
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -