FC2ブログ

1996.10 ベトナム カルスト台地の141型

ベトナム
1996.10 ベトナム カルスト台地の141型

この頃のベトナムは、ハノイ周辺の本線上の貨物列車や、引き込み線・港湾・製鉄工場の運用でした。
4形式の蒸機が最後の活躍をしていましたが、輌数は不明でした。

判らないことだらけでしたが、とにかく行けば何とかなるだろう?
有給休暇を利用して単身ハノイ周辺を、貧しい知識でしたが自分なりに徹底的に調査しました。
短い滞在期間でしたが、どうにかこうにか、4形式の蒸機を押さえることが出来たことは奇跡でした。
驚いたことに日本製の生きたC12を2輌撮影できました。

あれから20年が経過して、あちきの住む地元・福生でも家賃が安いのか多くの若い外国人が住む様になりました。最初はどこのアジア人と思っていたが、聞き覚えのあるイントネーションと、男性の親指の長い爪を見て直感しました。

Quốc gia bạn là thành viên của? Tôi đến từ Việt Nam。

やはりベトナム人でした。昼間は学校?夜はバイト?近所の自転車二人乗りは全てベトナム人。
何だか、世の中変わっちまったな・・・。そう思います。



プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30