FC2ブログ

鉄道ファン(愛好家)におけるに、蒸機ファンの占める割合を考えてみる

信越

鉄道ファン(愛好家)におけるに、蒸機ファンの占める割合を考えてみる

野村総合研究所のT氏によると。「乗り物は人気がありますが、鉄道ファンは特に多く150万~200万人とみられます」。中心となる鉄道マニアは約2万人。少しでも好きな人を含めた鉄道ファンはその百倍近くに上り、航空機の3~4倍、バスの10倍いるという。
何だか?どうやって調べ分析したか?わかりませんが野村総研が言っているならあながち嘘ではあるまい?

野村総研でも細分化された“鉄ちゃん”の総人数は正直曖昧だ・・・。
撮り鉄(あちきは、この言葉は大嫌い)、乗り鉄、など細分化されるが、こと蒸機ファンは年齢層が高い。
蒸機撮影者の占める割合は、全体の10%未満ではなかろうか?ほとんどが電車ファン?
あなたはどう思いますか???

現役蒸機を知る世代で、50代後半以上。お金も時間もそこそこ持っている・・・はずだ。
蒸機試運転に行けば、そこは、あちきも含めたジジィの集まりと相場は決まっている。
メディアを見みていると、ほとんどが“電車ファン”の気がしてくるが・・・。

あくまでも、あちきの見解だが、趣味をリードしているのは30-40代の“電車ファン”年齢層のではないだろうか?
今年の10月には、上越線ではDL重連やEL重連、信越線ではDLプッシュプル、ELプッシュプルが
運転される。どれだけ30-40代の熱い“鉄ちゃん”が来るのか見学に行くつもりだ。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30