FC2ブログ

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その6 “DEATH RAILWAY LINE”

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その6 “DEATH RAILWAY LINE”

タンピュザヤの町に入ってから、タンピュザヤ駅を目指します。
駅員にC56の写真を見せると、線路沿いに南へ2㎞行ったところにあるそうです。

線路沿いの道を何かすると、ひらけた場所があり、C56が野外展示してありました!!
ミャンマーでは、C0522と呼ばれていたようです。

ミャンマー
1997年1月

嬉しいような、複雑な気持ちです。
このC56は、南方に送られた1―90号機の、いったい何号機なのでしょう?
刻印の読みやすいロッド類が全てありません。肝心の動輪も厚塗りのペンキで刻印が読めません!!
もしかして、C5622なのだろうか・・・。
調べるのに時間が掛かるので今回は割愛します。

ミャンマー

“DEATH RAILWAY LINE”のモニュメント。
現在では、公園として整備され“DEATH RAILWAY MUSEUM”になりました。

ミャンマー

どうやらここでも、日本軍は悪人のようです。

ミャンマー

遠き南国の緬甸で出会った、泰緬鉄道のC56は感慨深いものがありました。
C56のキャブの運転席正面をご覧ください、機銃対策でガラスが無く鉄板の細窓です。

ミャンマー

泰緬鉄道から、回収されて整備されて、靖国神社に展示されているC5631です。
ミャンマーのC56と比較してみてください。ロッドやパイピングなどがすべて失われています。

C56を撮影する目的が無事終わりましたので、沿線を撮影しながらモーラミャインへ帰ります。

事件は、この日の夜のモーラミャイン駅で起こります・・・。 つづく。



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


(社)日本写真家協会 主催 チャリティ― 写真展 

(社)日本写真家協会 主催 チャリティー写真展 

いつもお世話になっている、(社)日本写真家協会から、チャリティー写真展の参加要請がきましたので
末席ながら参加しました。 

鉄交友


鉄交友


週末は久しぶりに東北方面へ旅に出掛けます。
温泉に、地元グルメと、祭、勿論“鉄ちゃん撮影”も頑張ってみます!!



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その5 “奇妙な鳥かご列車”

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その5 “奇妙な鳥かご列車”

今日は、タンピュザヤにC56を確認に行きます。
どうやら治安の問題で、移動は鉄道ではなく、車を雇うことにしました。

ところが、雇ったドライバーが遅刻してきました。ここではミャンマー時間が流れているようです。
郷に入ったら郷に従えということです。

タンピュザヤまで、陸路で60㎞ぐらいでしょうか?
未舗装のでこぼこ道を進みます。道路は残念ながら線路に沿っていませんでした。
時折わき道に入って駅を見に行きます。

偶然、前方から奇妙な列車がやってきました。

お世辞にも、カッコイイ車輛ではありませんでした・・・。
しいていえば“奇妙な鳥かご列車”とでも言うのでしょうか・・・。

ミャンマー
1997年1月

ミャンマー


ミャンマー


ミャンマー

ガタンゴトン、ガタンゴトン、乗り心地の悪そうな二軸の貨車改造の“奇妙な鳥かご列車”は、
ガタンゴトン、ガタンゴトン、キイキイと、ゆっくりと去っていきました・・・。

昨日は、酒を飲みながらブログ更新中に、仕事疲れから寝てしまいました・・・。
大した仕事をしてるわけではないのですが・・・。歳にはかないません。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その4 “日野のグース”

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その4 “日野のグース”

モーラミャイン機関区では、区長が直接話を聞いてくれました。
蒸機は3年前に廃止されていて、C56の消息情報を教えて頂きました。

日本製C56は、ここにはいませんが、タンピュザヤにいるそうです。

僕が、チェーズーティンバーデー(ありがとうございます)。と言うと。
ヤーバーデー(どういたしまして)と、区長がニコッと笑いました。

機関区内を隅々まで見学し、とんでもない車輛を発見しました。
日野のトラック改造グースです。カッコイイ!!
区長に聞くと、残念ながら今日は走らないそうです。

ミャンマー
1997年1月

蒸機は廃車されていましたが、日野のグースを発見しました!!

ミャンマー

どうですか?カッコいいでしょう!!

ミャンマー

駆動方式が面白いのです。トラックの後輪からベルトドライブで車輪を駆動します。

明日は、区長から教えて頂いた、タンピュザヤにC56を確認に行きますが、
どうやら治安の問題で、移動は鉄道ではなく、車を雇うことにしました。

宿も車も確保できて、僕はごきげんでした。
はたして明日無事に、どんな状況であれC56とご対面できるのでしょうか・・・。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その3 “サルウィン川を渡る風”

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その3 “サルウィン川を渡る風”

マルタバンから、カーフェリー(艀船)に乗って、Mon州のモーラミャインに渡ります。
2005年に、タンルウィン大橋(全長3500m)が出来てカーフェリーは廃止されました。
道路と鉄道の併用橋なので大幅な時間短縮が出来たそうです。

ミャンマー
1997年1月

チョット不安定なカーフェリー(艀船)でした。

ミャンマー

まずは、乗客から下船します。

ミャンマー

次々に、日本の年代物の積載オーバーのトラックが降りてきました。

ミャンマー

形式は、よくわかりませんが中々の、レアバスのはずです。

ミャンマー
1997年1月

サルウィン川を何とか明るいうちに渡ることが出来ました。
早速、モーラミャイン機関区を訪問し、C56の確認をすることにします。

Mon州は、電力事情と治安問題があり、明るいうちに宿の手配と、
列車での移動が不可能であると判断した場合、車の手配もしなければなりません・・・。

先を急ぎましょう。次回はモーラミャイン機関区を紹介します。



本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その2 “旅の扉”

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その2 “旅の扉”

未知の蒸機撮影の為に、移動は列車も使えば、蒸機列車の追っかけ撮影で現地で車も雇います。

ミャンマーの列車旅は、混雑していた記憶がありません。
ビルマ語は、相変わらずサッパリわかりません。
英語と、ビルマ語の自作単語カードと、己の生み出す、はたから見たら滑稽な、
非言語コミュニケーションのボディランゲージを駆使してみます。

ミャンマー

僧侶と一緒に、切符売り場に並び、何でもいいから笑顔で、適当に会話して、
敵等に撮影のお願いをします。

昔はリバーサルの撮影で、暗いと発色が悪く印刷原稿の使い物になりません。
ストロボをバンバン多用しました。デジタル時代の今では考えられません!!

ミャンマー

Nyaung Khar Shey 線 の蒸機は、臨時の貨物列車しか動いていないと、イギリスの友人から聞いていました。
ポンコツ車と、ポンコツドライバーを雇って追いかけますが、なかなかうまくいきません。

蒸気機関車は、YD型967です。イギリス製ですがメーカーは調査中です。
何しろ、メーカーズプレートが外されていて見当たりません。

ミャンマー

バック運転(テンダーファースト)は絵になりません。

ミャンマー

水売りの、子どもたち。日本でしたらコンプライアンスに抵触して、ダメダメでしょう。
DF1211は、メーカー未調査です。

次回は、当時の反政府勢力の支配する、Mon州にC56を探して潜入します。

楽しみにしてくれているのは、風太郎さんだけだと思いますが・・・。
よろしくお願いします。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


1971.3.27 キューロク 山親父(やまおやじ) 越後金丸駅長との交流

何だか?ブログをググっていると、どうやら9/6は、「キューロクの日」のようです???
しからば?初めて「キューロクの日」に参加させてくださいマセ!!
この「キューロクの日」の起源は“くろくまさん”でしょうか??


東北

米坂線 越後金丸駅 米沢行、166ㇾ 29622牽引。

中学1年から2年の間の、春休みの東北SL撮影旅行の一コマです。
96型は、八高線で見ていましたがネガがありません・・・。
重心の低い、大正生まれのSLは是非とも、この目で見て記録したいと思っていました。

米坂線は、思った以上の撮影地が点在していました。
越後金丸駅長に、何故か気に入られて、96が米坂線から廃止になる72年3月まで文通が続きました。

越後金丸駅長は、何故か?キューロク 山親父(やまおやじ)と呼んでおりました。
鉄道ファン1969年の、蒸気機関車撮影ガイドを見て訪れた越後金丸駅でしたが、
国鉄の駅長と交流できたことが、ガキ鉄にとって素晴らしい思い出になりました。
その後、もう一度、越後金丸を訪れました。駅長が感動してくれて、ガキ鉄の僕も、ウルッとしました。

29622は、米坂線蒸機廃後に、海を渡り北海道の、深川機関区、岩見沢第一機関区と移籍します。
僕が、数年後に幌内線で29622と出会ったときにも感動しました。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その1

96年から97年にかけての冬は、ベトナムとミヤンマーへ蒸機撮影に出掛けました。
1月1日は、ベトナムからミャンマーへ移動します。
ハノイ11:30→バンコク13:15 VN831便
バンコク14:40→ヤンゴン15:25 TG305便 でミャンマーへ入国しました。
今から20年以上昔のミャンマー旅行記です。

ビルマ語はさっぱりわからず、田舎では英語も通じず、旅行は難儀しました。
季節は、乾季でしたので雨も降らず、朝晩は若干涼しく旅行には適した季節です。
人々はほとんどが仏教徒で、温和な性格なので外人に対しての好奇な目では見られませんでした。
但し、国内での異教徒対立がありますので、その点が要注意でした。


ミャンマー

長閑な農村の集落を混合列車が走ります。


ミャンマー

蒸機列車を撮影中に・・・。
兵士たちと目が合ってしまいました・・・。チョット複雑な違和感が・・・。

英語でご挨拶・・・。英語が通じてホッとして写真を撮らせていただく。
日本人には友好的でした・・・。マジか??
政府軍か、反政府軍かわかりませんが??チョットだけ安心しました。


ミャンマーの時代背景     

首都はヤンゴンで、現在の様な民主国家ではなく、軍事政権下でした。
アウンサンスーチー女史が自宅軟禁されていた時代です。

当時のミャンマー大使館情報によると首都圏は安全ですが、辺境は反政府軍の勢力が強く行くべからずでした。
普通の観光旅行なら問題ありません。でしたが・・・。
僕の旅行は、普通の観光旅行ではありません。鉄道の撮影ですが・・・。
旅行の目的が、鉄道の撮影旅行とは聞いたことが無いのでわかりません・・・?との回答でした。

現地では、鉄道の撮影は自由でしたが、一部地方では、警察(反政府軍)に拘束されてしまいました。

ミャンマー

ミャンマーでの訪緬甸目的

ミャンマー蒸機(鉄道)の撮影が目的で、観光は一切しませんでした。
蒸機運行情報は、イギリスの友人から享受されていましたので安心でした。
消息が途絶えている、旧泰麺(タイメン)鐵道のC56を探すことでした。

緬甸珍道中を、今しばらくお付き合いくださいませ。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


2018.9.3 気が付けば秋の気配・・・。

2018.9.3 気が付けば秋の気配・・・。

日々

つい先日までの暑さが嘘のように涼しくなりました。
行く夏を惜しむ様な蝉の音。ところが夜になると秋の虫の音が聞こえてきます・・・。

我が家の頭上を飛び回る、CV-22オスプレイは、土日はお休みのようです。
CV-22オスプレイは、何かとお騒がせかもしれません。嫌いな人も多いと思います。
しかし、隣国の軍事オタクの将軍様がいる限り、抑止力として仕方がない事実です。
何しろ未だに我が国は、米軍の支配下にあるのですから・・・。

今年の夏は、大した撮影の成果もなく、撮影日数も少なかったな・・・。

自問自答してみる!!
夏は金を稼いだか?中の下だな!!
健康は大丈夫か?だめだ!!数々の患部が悲鳴をあげ治療中で病院通いが増えたな!!
よって、呑み会が激減したな↓

とりあえず今日は、温泉にでも浸かって一人反省会なのです・・・。

近日公開予定。風太郎さんのブログに影響されて、
僕の90年代の「ミャンマー紀行」を近日中に公開します!!
お・た・の・し・み・に・・・。


本日も僕の、 “鉄ちゃんブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!


にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村


にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


2018.9.15‐16  横田基地 友好祭 開催

福生

僕の地元の横田基地で開催されます。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -