FC2ブログ

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その15 “Pazumyaung 上り列車”

နှုတ်ဆက်ပါတယ်မြန်မာပြည်  さようなら緬甸 その15 “Pazumyaung 上り列車”

何とか悪路を先回りして、Pazumyaungで上り列車の入線を捉えることが出来ました。
ロケハンで調査した結果が出ました!!

朝の上り列車に、Pazumyaungの村で製造された壺を、町へ行商に行くのです!!


ミャンマー
1997年1月

頭に素焼きの壺を乗せた、行商が今や遅しと列車を待っています。
  
ミャンマー

手際よく壺が積み込まれます。
先行する、Bトレインショウティには、この大荷物は乗り切れません!!

ミャンマー

今日は最後尾に、Ma Daukの穀物市場からの有蓋車が連結されています。

ミャンマー

のんびりと混合列車が行きます。均整の取れたパシフィックです。

結局、悪路の為これ以上の追っかけは無理でしたが、朝から大変良い絵が大量に撮れてご満悦です。
これで、大満足で日本への帰路に着けます!!


本日も僕の、 “鉄ちゃん&旅&カメラエッセイ、ブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、ブログで知り会った現役蒸機撮影体験者たちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、56~65歳が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村







プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -