FC2ブログ

1994 大インド紀行 RAJASTHAN編 その25 機関区で働く人 コールマン

1994 大インド紀行 RAJASTHAN編 その25 機関区で働く人 コールマン

25年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

機関区で働く、この男の職業をお分かりだろうか・・・?

彼の職業はコールマン。
黙々と、大鍋に大粒の石炭を入れて、頭にのせてテンダーに掛けた梯子を登り石炭を投入する。
テンダーが石炭で溢れるまで単純労働を繰り返すのだ。

_MG_8040_convert_20190202140327.jpg
1994年1月4日 UDAIPUR 機関区

_MG_8039_convert_20190202140403.jpg


_MG_8026_convert_20190202140505.jpg

人口が多く、カースト制度のあるインドならではの職業だ。

インド国鉄の何十ケ所の機関区を訪問したが、何処の機関区にもコールマンが存在した。
(超大型機関区はスティームクレーンを使用)効率や能率を考えない国インド・・・。
しかし逆に言えば、人それぞれに合った仕事があるのがインドの懐の深さかも知れない・・・。

そしてこの職種も、蒸機無煙化とともに消滅した・・・。


ブログ村に参加しています。
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -