FC2ブログ

1985年 水郡線撮影記 その8 風に吹かれて汽車見物

1985年 水郡線撮影記 その8 風に吹かれて汽車見物

ロケハン中に、ある一軒の農家の見事な鯉のぼりに目が止まった。
早速交渉して敷地内での撮影の許可を頂いた。

農家を訪問した若いカメラマンがよほど珍しかったのか、世間話をしてお茶をよばれた。
リンゴ畑の中腹から撮影する僕自身を見学する為、
爺ちゃんが、新聞紙で作った兜をかぶったリンゴのほっぺの孫娘を三人連れて上がって来た。

汽車を見学するより、撮影する僕の方が、よほど珍しかったのだろう!!

迷作(名作)「風に吹かれて汽車見物」をパチリ!!


それでは35年前のGWに時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8122_convert_20190423204824.jpg


_MG_8133_convert_20190423204906.jpg

僕にとっての1985年(昭和60年)は、海外の現役蒸機の撮影に夢中になり始めた記念の年だった。
実はある人物との出会いこそが起因しているし、正直影響もかなり受けた・・・。
とある雑誌にも書いたことがあるし、現在も呑み友達でたびたび弊ブログにも登場する・・・。

一方国内の撮影も、保存蒸機の撮影が急激に減り、
国鉄や私鉄のローカル線の人絡みの撮影が中心になっていった。
作風もガラリと変化していった。

急激に写真を勉強し追及するきっかけとなったのだ。

この転機が無かったら、今の自分は無かったであろう・・・。


1985年 水郡線撮影記 完
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -