FC2ブログ

1994年 タイ国鉄・メークローン線紀行 その2 熱帯夜

1994年 タイ国鉄・メークローン線紀行 その2 熱帯夜

3月25日 
バンコク到着後、翌日走る蒸機のダイヤの確認にトンブリ機関区へ行く。

それでは25年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8153_convert_20190509213828.jpg
今回はC56は走りません。

_MG_8154_convert_20190509213157.jpg
明日の予定は850と953の重連の予定だったが、
850のボイラーの修理が長引き休車状態、953の単機牽引になってしまい残念だ・・・。

_MG_8155_convert_20190509213112.jpg
953は調子良いとのことで明日走る!!


安宿を探して荷物を預けてから、M君を東南アジア最大の歓楽街シーロム地区にご案内。
まずはタイ料理をつまみにシンハ―ビールでも飲みながら、ゴーゴーバーの店選び。

images[1]

ここでゴーゴーバーのシステムを紹介しよう。

店内のカウンターに座り、ビールかコーラ(60B)を頼み、ステージでポールダンスを踊る№カードを付けた女性を鑑賞する。
セクシーな娘がM君を手招きしている!!

気に入った娘がいれば、やり手婆に交渉して連れ出し料(325B)を支払い店外へ。
やり手婆曰く、僕のことを、日本人のM君を連れたシンガポール人のガイドかと言われてしまった・・・。
意味が分からん?とにかく、ケチで場慣れしたガイドだと思われたらしい・・・?

店外デートは交渉次第だがショートで(1000~2500B)ある。M君は2000B支払い。

M君のタイでの熱帯夜初日の遊興費は2385Bだった。(当時1B=5円)  

M君へ僕のブログ見てたらメールくれ!!

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -