2017.3.18 青春18きっぷの旅 その3 入広瀬

18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その3 入広瀬
只見行2424Dに乗っていて賑やかな集団がいました。
聞けば入広瀬に向かうそうです。ならば、あちきも予定変更して入広瀬で下車しましょう!!

賑やかな集団をお迎えする人たち?
入広瀬駅近の“手仕事手ほどき館”の人たちでした。
Webで調べてみると、100年以上の歴史のある有形文化財の古民家に宿泊し田舎暮らしを
体験することができます。だそうです。あちきも次回は参加してみたいと思いました!!

18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その3 入広瀬
雪解けで春も少しずつですが近づいています。

18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その3 入広瀬
それでも3m以上の残雪が踏切を塞いでいるのだった!!

18
2017.3.18 青春18きっぷの旅 その3 入広瀬

意外とこんな鉄道情景も良かったりします・・・。

あちきが初めて入広瀬を通過したのが1974年の1月4日でした。
目的は小出から六十里を越えて只見の先のC11貨物列車撮影が目的でした。

只見線の蒸機廃止後に入広瀬を訪れたのは1993年2月26日の“只見線特雪”撮影でした。
当時の入広瀬は有人駅で、撮影したDD14も若番でした。
その後只見線の撮影は“特雪”に限られました。

そして今回初めて参加する“長岡呑み会”こそ“特雪”伝承の呑み会なのです!!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -