2011.6.19   “C6120” ハドソン礼讃  

上越
“C6120” 38年振りの感動の再会 

昭和48年の夏のお話だ。
当時高校一年生だったあちきは、朋友の山本シェフと九州へ蒸機撮影に出掛けたのだった。
九州で初めて撮影した形式にC50・D60とC61があった。

上越

上越

上越

上越
南九州の荒縄で磨かれた美しいC55やC57は勿論素晴らしく素敵だが、
当時のC61は地味なローカル列車や貨物列車の先頭に立っていたが、何故か印象的だった。

そんなC6120が、近場で動態保存されれば行くしかないでしょう!!

日々
当時のあちきの参考書。但し季刊の為、情報にやや問題あり。
 
日々
昭和48年夏に、山本シェフと出掛けた時に撮影したナンバーの読める写真の記録だ。

C55・52・57 
C57・9・89・112・113・124.・127・151・169・175・187・192・196・199
C61・18・19・20・28
15輌のパシフィクと、4輌のハドソンが撮影できた。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -