1997.8 蒼き地平線

ジンバブエ
1997.8 蒼き地平線

15Aガーラットの添乗をした時のことだ。
だいぶ西に傾き始めた太陽も相変わらず強い日差しを投げかけていた。
蒸機列車はひたすら西へ西へと疾走していたのだった。

蒸機のクルーは絵にかいたような、旧アパルトヘイト時代の名残なのか、機関士が白人で機関助士が黒人だったのだ。陽気な彼らたちと旅を続ける。

ジンバブエの8月は乾季で亜熱帯地方の割にはしのぎやすい。高原の為平均気温は15℃ぐらいだ。朝晩は冷え込むし白煙が期待出来る。日中も20℃以下が多い。

テンダーからキャブの屋根に上がってみた。線路はサバンナを一直線に水平線に向かいっている・・・。
心地よい風とブラストの二重奏(ガーラットは走り装置が二組あり、まるで重連もどき)を聞きながら、キャブの屋根に胡坐をかく。       至福の時間が流れていく・・・。

アフリカ訪問にはリスクが伴うが、運を天に任せるしかないのだ。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -