1971.3.29 ---13歳・春物語--- 新津機関区にて

汽車物語
1971.3.29 ---13歳・春物語--- 新津機関区にて
左からC571[新]・D51331[新]・D51498[新]・D5175[新]

新津機関区には沢山の蒸機がたむろしていました。
但し残念なことに扇形庫に頭から突っ込んでいたのです。
その後に何度もお世話になる、C571[新]・D51498[新]が映り込んでいます。

それまで生きた蒸気機関車で撮影できたのは、八高線でのC58・D51だけでした。
この蒸機撮影行で、初めて9600・C11・C57を撮影することが出来て興奮したことを覚えています。
とりわけガキ鉄でもわかる、大正生まれの9600に感動したのです。

何故初めての泊りがけでの蒸機撮影行を、米坂線と羽越本線に選んだのか今でもどうしても思い出せないのです。
13歳のガキ鉄が、時刻表・ダイヤ・勾配・機関区を読み解き、夜行列車に乗り、宿に泊まり、飯を食い、知らない大人と話し、3泊4日の旅をするわけです。

この蒸機撮影行から、メモをすること、DJスタンプ押すこと、入場券を買うこと、駅弁の包装紙は持ち帰ることなどを、自分で勝手に決めました。

両親をどうやって説得し、資金はどこから出たのか、学校で学割をもらうのに先生に嘘をついて親戚に行くと言ったことなど・・・。
両親にも噓をついて、友人の家に外泊すると言ったことなど・・・。
どうせなら、北海道へ行けばよかったと、今でも真剣に思っています。

この蒸機撮影行こそが、僕の旅の、全ての始まりだったのかもしれません。

機会があれば、こんな旅の話を“宮澤孝一先生”と語り合ってみたいと思っています・・・。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30