1974.8.19 ---17歳・夏物語--- 塩狩峠

北海道
1974.8.19 ---17歳・夏物語--- 塩狩峠
旭川行き322ㇾC5530牽引。
塩狩峠は塩狩駅(標高263m)を頂上として、和寒側が標準勾配20‰、蘭留側が標準勾配18.5‰でした。蒸機撮影の名所でもありました。

この頃、旭川機関区のパシフックの運用は、C5530・50・C5787の共通運用でした。
運用を良く調べないと、せっかくC55目的で宗谷本線にきて、C5787が来てガックリするはめになるのでした。

ご存知、塩狩峠はC55特有のスポーク動輪の分かり易いサイドがちの撮影ポイントは少ないのです。

四度目の渡道で旅慣れてはいるものの、やはり夜行と駅寝(寝袋持参)の連続で体力はかなり消耗しています。
塩狩峠を訪れたのが、東京を出発して7日目なので、まだまだ元気いっぱいです!!

今回の北海道旅行は17泊18日でした。毎度のことながら空腹と睡魔との戦いです。
勿論あちきの相棒は、毎度おなじみの山本シェフです。
今回の旅行では、今まであまり訪れなかった支線の9600を狙うつもりでいます。

8月の北海道は、暑くなく東京よりはしのぎやすく感じます。

もしかしたら、ほんの気まぐれで、つづくかもしれない・・・。

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30