「我が心象鉄道の幻影」 その4  “思い出せない途中下車”

それは、たぶん、1970年代の終わりか、1980年代の始めだった気がします。

現役蒸機時代に、無煙化の早かった四国へは行くことがありませんでした。
無煙化後に、DF50を撮影すべく土讃線を何度か訪れています。

そんなある日のことでした。

我が

大歩危駅で下車する予定が、寝ぼけていたのか?隣の小歩危駅で下車してしまいました。
山間の何もない無人駅でした。
改札から階段を降りると、駅前にぽつんと、もみじ食堂がありました。

もみじ食堂で、女将に安宿を尋ねると、もうじき平賀温泉行の最終バスが来るからそれに乗ったらと勧めらました。
やって来たのは、ボンネットバスでした・・・。

当時の手帳を見ると、DF50の撮影記は、事細かに書いてあるのに・・・。
平賀温泉やボンネッバスは、メモ程度・・・。

あちきの記憶も曖昧で、画像が存在しているので、きっと平賀温泉に行ったのでしょう・・・。

昔の旅の記憶が、曖昧になって来た今日この頃である。 おしまい。

ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、嬉しく思います!!
よろしければ、ポチッとお願いします!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -