FC2ブログ

1987.1 厳冬の中国・吉林 気温-30℃

本日は、渋谷パンダで「中国鉄大集合の中国鉄大宴会」が開催されます。
井門さんの最終案内では46人が全国から集まるそうです。
あちきも楽しみにしておりましたが、残念ながら仕事で行けません・・・。トホホ・・・。
早く、魔の土曜日仕事の負のスパイラルから抜け出さなければなりません!!

そんなわけで、今日のUPは、30年前の1987.1 厳冬の中国・吉林 気温-30℃のお話です!!

中国

僕が一番だと、名乗る多くの中国鉄ちゃんがいますが、美しき勝利型のお話はあまり聞きません!!
勝利型は1980年代に、撮影地を開拓するように訪れた中国鉄ちゃんのみが恩恵にあずかっています!!

中国

勝利型を求めて何度も吉林に通いましたが、この年の吉林の寒さは格別でした!!
客車はまるで“冷凍マグロ”状態で-30℃を記録しました。
1980年代は、まだまだダブルルーフの満鉄客車が残っていました。

中国


この年に現地で、現:国鉄時代編集長の山下さんと偶然お会いして意気投合して一緒に何日も
勝利型を求めて撮影したのです。あちきが29歳、彼が27歳の出来事でした。

あちきは、手配旅行で、中国蒸機撮影猛者の山下さんは、完全フリーで訪中していました!!

あれから30年。今でも年に何度も山下さんと呑むのですから不思議な関係です・・・。


ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、嬉しく思います!!
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村


プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -