FC2ブログ

1987.12  中国蒸機撮影黎明期の苦悩!! 情報が無い!!!

中国

1987.12 長図線・土門嶺での、パシロ牽引の旅客列車と前進牽引の貨物列車の複線区間でのすれ違い。

中国蒸機撮影黎明期の苦悩!! 情報が無い!!!
ネット社会の現代のように、有り余る情報を解析することが出来れば、他人と類似した画像を手に
入れることが出来る。撮影ツアーに参加すれば他人と類似した画像を手に入れることが出来る。
それで納得できる人はいい!!

但し現代の撮影は、気象情報や地理情報や列車情報を制したものが素晴らしい画像を得ること
が出来る。勿論、本人の体力や撮影機材の取り扱いが作品の出来を左右するはずだ!!

昔の中国蒸機の撮影は、情報が無いので行ってみないとわからない・・・。
パシロがいるのか?人民がいるのか?補機が付くのか?急勾配はあるのか??

あちきらは、駅名に、嶺・溝・勾の駅を探して、中国で入手した鉄路貨物種類別流通トン数路
線図を参考に、米国発行のディフェンスマップと照らし合わせて撮影地を探したのだ。

勿論、探し当てた撮影地は外国人立ち入り禁止エリアだったりする。
これが、結構問題で中国国家公安局に見つかると逮捕拘束されたりするのだった・・・。

長くなりますので、中国国家公安局の武勇伝のお話は、またの機会にします・・・。


ブログ村に再び入村してしまいました!!
弊ブログは、貴方がよっぽど暇な時に見に来てくださいませ!!
少しでも、貴方の琴線に触れたならば、嬉しく思います!!
よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!

ポチッとした、その先に素晴らしい画像があるかもしれません??

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村




プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -