FC2ブログ

五能線 深浦駅 “彩夜”

五能線 深浦駅 “彩夜”

久しぶりの深浦駅俯瞰でした。お手軽に撮影できた斜面にはフェンスが張られていました。
足場も悪く、三脚と脚立をセットするのに一苦労でした。

構内にあった転車台も撤去され埋められていました。これも時代の流れでしょう。

五能線
2018年9月 深浦

今日も、近所の温泉に行ってまったりしていました。
まるで、楽隠居生活・・・。

今週末は、真剣に遊ぶ所存でいます!!


本日も僕の、 “鉄ちゃん&旅&カメラエッセイ、ブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、撮影現場やブログで知り会ったエンスージアストたちと“鉄呑み会”が出来たならと思っています!!

弊ブログは、50・60歳代、が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

大人気のブログではありませんが、少数派のエンスージアストたちの琴線にすこしでも触れたならば、
望外の喜びを感じます!!

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村
 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村



コメントの投稿

非公開コメント

夜の深浦

40年近く前、駅前旅館に泊まって夜遅く抜け出し、帰って来る客レを俯瞰したのを思い出します。
此処ではなくもう少し秋田寄りの階段からだったかな?
イカ釣りの漁火のシーズンでもあるはずですが、最近は少なくなったんですかねえ。

Re: 夜の深浦

今でも秋田よりの階段の上の方が海が良く入ります。
季節と時間帯にもよりますが、イカ釣り漁船の漁火は入ります。
いずれにしろ、五能線、只見線はキハ40系があるうちに出掛けるのがよろしいと思います。
日本から、国鉄時代の香りが消えようとしています・・・。

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -