FC2ブログ

2014.7.26 真岡鐵道C12と“ふるさと茂木夏まつり”花火大会、後編

真岡
2014.7.26 今回はC12牽引の50系客車に乗車して、C12のブラストを感じて、
炎天下を歩き“少年時代の鉄”を体験する趣向なのです。

仕上げは“ふるさと茂木夏まつり”花火大会のC12と花火大会撮影です。
車での撮影と違い、列車鉄はまともに太陽と風を感じます。
遥か昭和40年代の“少年鉄時代”を感じました・・・。

写真は“昭和48年、立野駅”そのものです!!
蒸機ファンの諸兄よ“蒸機と記念撮影”しましょうョ!!

真岡
2014.7.26 コンパクトにまとまったC12のキャブです。

真岡
2014.7.26 たとえ50系客車でも“蒸機”の“ブラスト”は感じます。
C12の歯切れの良い“ブラスト”は心地よい体験でした!!

真岡
2014.7.26 50系客車は窓が開き、熱風を扇風機が掻き回します。
僕自身C12のシンダーをまともに受けました!!
この体験こそ、蒸機乗車の醍醐味なのです!!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -