FC2ブログ

2018.10 日本海沿岸を巡る旅 その3 「お立ち台」

2018.10 日本海沿岸を巡る旅 その3 「お立ち台」

この場所も、昔はもっと高い場所から撮影出来た気がします。
うす曇りだと、海の色はいまいちです。

何だか臭うと思ったら、有名撮影地に“野糞”あり??誰だ犯人は!!

五能線

深浦~広戸

五能線

深浦駅も、いつの間にか観光駅舎になっていました。


本日も僕の、 “鉄ちゃん&旅&カメラエッセイ、ブログ”をググって頂き、まことにありがとうございます!!
最終目標は、撮影現場やブログで知り会ったエンスージアストたちと、
新たな “鉄呑み会”が出来たならと思っています!! 
既に僕の定期的呑み会は、6会ありますので、来年には是非7会目を開催できればと思っています!!

弊ブログは、50・60歳代、が楽しめるエンスージアストたちに向けて発信しています。
“中学から大学時代に現役国鉄蒸機を体験した鉄ちゃん”が好むと勝手に思っています。

よろしければ、ポチッとお願いします!!
ブログ継続の励みになります!!たぶん・・・。

心象風景写真も見に来てくださいませ!!

にほんブログ村 鉄道ブログ SL・蒸気機関車へ
にほんブログ村

 
にほんブログ村 写真ブログ 心象風景写真へ
にほんブログ村

コメントの投稿

非公開コメント

No title

高野さま S50/3 宗谷本線 糠南で待合室の長椅子の上にしてあったなぁ 薄いブル-のビニ-ル袋がかぶしてありましたっけ・・・厳冬期の中国東北部の厠を思い出しましたよ。

Re: No title

koppel-2 様

厠(かわや)話は、長旅のつきものです。僕も、長旅では交通公社の大型時刻用を破いて、もんで使用していました。
厠(かわや)話は、国内外を問わずあります。特に、昔の国内や、アジア圏では数々ありました。
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -