FC2ブログ

1994年 タイ国鉄・メークローン線紀行 その9 癒しの時間

1994年 タイ国鉄・メークローン線紀行 その9 癒しの時間

海外へ行く場合、その国の言葉で挨拶程度は最低でも話せるようにしたい。
それがたとえカタコトでもイントネーションが違ったとしても。

そのコミュニケーション能力が高ければ高い程良い写真が撮れる!!

それでは25年前に時計の針を戻してみましょう。記憶が消えるその前に・・・。

_MG_8186[1]
メークローン線

_MG_8213[1]
メークローン線

_MG_8164[1]
メークローン線

_MG_8202[1]
メークローン線

写真には臭いこそ映らないが、
この生臭い臭いを伝えたい!!



昨晩は呑み過ぎたのか、疲れていたのかブログを更新する前に爆睡・・・。
朝起きての出勤前のポンコツブログの更新である・・・。

コメントの投稿

非公開コメント

その国の言葉で

例えカタコトでもその国の言葉で、というのは同感ですね。
不器用でもこちらが襟を開いている証であり、相手の心も開くような気がします。
アジアの笑顔にまた出会いたいものです。

臭いましたか。 いかにも臭そうなミャンマーの生魚も全く臭わなかったですよ。
それだけ新鮮なのでしょうか。

Re: その国の言葉で

アジアを是非再訪してください!!

そこには、きっと日本の昭和があるはずです。

梅雨明けには是非とも、一献傾けましょう!!
物騒な登戸以外で!!メンバーも増やしましょう!!
プロフィール

高野 陽一

Author:高野 陽一
あなたは鉄道に感動したことがありますか?
いつの時代の、どこの国の、どんな線区の、どんな車輌や情景でもかまいません。
答えは明白です。それはあなたがカメラという映像媒体を通じて、あなたの魂(SOUL)が何かを感じ、あなたの魂(SOUL)をゆさぶった事にほかなりません。だから、あなたも僕も鉄道を今も撮影し続けているのです。
(社)日本写真家協会会員  (JPS)

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
カウンター
カレンダー
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -